【仕事でやる気が出ない】場合の対処法!もしかしたら仕事が合っていないかも!原因5つと対処法5つを紹介!

仕事の悩み
この記事はこんな人におすすめ!
  • 仕事でやる気が出ない
  • 毎日憂鬱な気分になる
  • お金のためとはいえ、楽しく働きたい!

仕事をしていると、どうしてもやる気が出ないことってありますよね。

人によっては、もうずっとやる気がでなくてつまらないと思っている人もいるでしょう。

大丈夫です。やる気が出ない人というのは、あなただけではなく大勢います。

そこでこの記事では、仕事でやる気が出ない原因と対処法をご紹介します。

この記事を読むことで、今すぐ実施できる対処法から、根本的なやる気の出ない方法の改善までわかるでしょう。

仕事にやる気が出ないで日々つまらないと感じている人は、ぜひ参考にして下さい。

やまた
やまた

この記事を書いている筆者は、4つの会社で責任者を務めてきて、数百人以上の採用や教育をおこなってきました。

仕事でやる気が出ないのは自分だけではない

仕事でやる気が出ない人というのは大勢います。

prtimesが20代500人にアンケートをおこなった結果では、全体の91%がやる気が出ないことがあると回答していることがわかります。

出典:prtimes

この結果からもわかるように、仕事にやる気が出ないことは日常的に起こりうることです。

しかし、日常的に起こりうるからといっても、人によって程度は様々。やる気が出なすぎて会社に行きたくなくなってしまったり仕事をするのが嫌になってしまったりする人はいます。

そのため、瞬間的にやる気が出ないのではなく、慢性的にやる気の出ない人はなにかしらの対策をしたほうが良いです。

ちなみに、同じくprtimesでおこなったアンケートでの、やる気の出ないときの詳細は以下のようになります。

出典:prtimes

仕事でやる気がでない原因は?

仕事でやる気が出ない理由は様々。なぜやる気が出ないのかを知ることができるだけでも、「あぁ、これが原因なのか」と納得して気分がマシになることがあります。

そこでここでは、仕事でやる気が出ない原因を5つご紹介します。

仕事が単調でつまらない

工場や流れ作業、簡単な事務仕事などをしている人が特に感じやすいのが、仕事が単調でつまらないということです。

同じことの繰り返しで、毎日に変化がなく飽きてしまっている状態ですね。

仕事が単調すぎると、やる気が出ないと感じることはもちろん、憂鬱になったり苦痛に感じたりすることがあります。

上の人間がなにも考えてくれない

上司から部下への指示の出し方や、仕事の下ろし方によっては、なにも考えてくれていないのではないかと感じることがあります。

上司がしっかり部下の気持ちを考えてくれれば良いですが、なにも考えずに仕事を投げてくると、どうしてもやる気は低下してしまいます。

これは、やる気が出ないだけではなく揉め事や辞める辞めないの問題にも発展しかねません。

今の仕事が合っていない

今の仕事が合っていなくてやる気が出ない人は多いです。

就職してみたは良いけど、実際思っていたものと仕事内容が違ったなどということは少なくありません。

また、大丈夫でしょ、と思っていたけど実際には全然大丈夫じゃなくて仕事が思うように進まないことも。

仕事が自分に合っていないと、やる気も当然出ませんし、思うような成果や評価を貰うこともできません。

プライベートに問題がある

プライベートが上手くいっていないと、仕事に身が入らないでやる気が出ないということがあります。

このようなプライベートが問題の場合は、仕事に直接的に関係するものではないため、プライベートの問題を解決することが大切。

しっかりとワークライフバランスを保って、プライベートも充実させることが一番の解決方法です。

人間関係の悩み

人間関係に悩みを持っている人は多いです。

  • 怖い人
  • 話さない人
  • 合わない人
  • 嫌いな人

職場には様々な人がいますよね。

仕事では多くの人と一緒に仕事をし、毎日のように顔を合わせます。そんななかでどうしても合わない人や苦手な人・怖い人というのは存在してしまいます。

厚生労働省の調べでは、労働者全体のうち

  • 男性が約3分の1
  • 女性が約半分

仕事の人間関係に対して悩みや不満を持っていると回答している結果になっています。

厚生労働省:平成19年 労働者健康状況調査の概況

この結果からもわかるように、仕事の人間関係で悩みを持ってしまい、どうしてもやる気が出ない人は大勢いるのです。

仕事でやる気が出ない場合の対処法!

仕事でやる気が出ないままだと、パフォーマンスが下がり評価も成果も上がりません。

そこで、どうにかやる気を上げておきたいもの。

ここでは、やる気が出ない場合の対処法を5つご紹介します。

オンとオフをしっかり考え、仕事が終わったら忘れる

仕事にはメリハリが大切です。仕事の時は仕事のことをしっかり考えて行動することがオフをしっかりすることにも繋がります。

仕事の時にオンができているからこそ、プライベートの時にオフができるため、仕事中は仕事に没頭し、反対に仕事が終わったら一切考えないくらいの気持ちでいると、オンオフが切り替えやすくなりやる気もキープできます。

将来のことを考える

将来のことを考えると、やる気が上がることがあります。

  • 給料を上げたい
  • 役職について安定したい
  • 専門的な知識で働きたい

このように将来的な目標を持つことにより、今頑張って働こうという気持ちが持ててやる気をキープすることができます。

もちろん、スキルアップをして転職を目指している人にとっても効果的な考え方です。

仕事を休んでみる

仕事にやる気が出ない場合は、一度休んでリフレッシュしてみることもおすすめ。

皆が働いているなか、自分が休みをとることにより、「さぁ明日から頑張ろう」と前向きな気持ちになれることがあります。

休みをとる場合は仕事のことは一切考えず、気分転換できる外出などをしてみると気持ちが切り替わりやすいです。

給与の交渉をしてみる

給料が上がるとモチベーションが上がりますよね。

そこで今の自分の仕事への評価を見直してもらうことが大切。

もしも現段階では上げれないという回答だった場合は、どうすれば給料が上がるのかを聞いてみるのも良いです。

明確な昇給の条件がわかることにより、そこに向かって頑張ろうという意欲も沸いてきます。

また、給料を上げてほしいと上司に頼むのは決してマイナスではありません。上げてもらった分きっちり頑張るというアピールになるため、むしろプラスに働くほうが多いです。

転職活動をする

仕事には向き不向きもありますし、どうしても会社の雰囲気が合わずにやる気が出ないということもあります。

どうしようもなくやる気がでなくて、もう無理だと思ったら転職活動をしてみましょう。

転職活動をする場合におすすめなのは、転職エージェントの利用です。

なぜなら、転職エージェントを利用すれば、専任のキャリアアドバイザーがマンツーマンでフォローしてくれて、あなたのやりたいことや就きたい職場のイメージに合った仕事を紹介してくれるからです。

まとめ:仕事でやる気が出ないのはどうにかできる

  • 仕事=やる気のでないもの

ということは決してありません。考え方や行動で、やる気を出すことは十分可能。

しかし、それでも無理な人は転職することでやる気が出ることもあります。

今の仕事ではやる気がでなくても、他の仕事でやる気が出るということはよくあることです。

そのため、仕事はやる気なんて出ないものだからと諦めずに、やる気を出す方法を考えたり転職して心機一転してみたりすることはおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました