退職引き止めがしつこい場合の対処法!あまりにもしつこいなら退職代行を使おう

仕事の悩み
  • はじめに

今転職に関して悩んでいる20代・30代のあなたには、無料転職アプリVIEWがおすすめです。

転職エージェントだと、電話やメールが面倒ということもありますよね。

まだ転職を100%決めたわけではないのに、毎日のようにメールや電話がくるのは鬱陶しいですよね。

VIEWなら、アプリなので電話やメールがくることはありません。

登録と同時に3分ほどでできる天職診断をおこなうことができ、スカウト機能もあるという充実ぶり!

もしもいらないなと思ったらアンインストールするだけで済むため、とりあえず登録して天職診断だけでもおこなわないと損ですよ。

無料アプリVIEWで天職診断をする方はこちら!

ちなみに2022年~2024年卒業の人はキャリアチケットスカウトもおすすめ!

こちらは新卒限定の無料アプリですよ。

新卒向けのコンテンツも満載のため、第二新卒くらいまでだったら見るだけでもあなたの今後のプラスになります。

無料アプリキャリアチケットスカウトをDLする方はこちら!

この記事でわかること
  • 退職引き止めがしつこいときの対処法
  • 退職引き止めに応じると待っている未来
  • 退職には退職代行が良い理由

退職したくて話をしたんだけど、引き止められてなかなか辞められない。辞めるのを諦めたほうが楽なのかな。

結論から言いますと、退職の引き止めがうざくてどうにかしたいと思っているのであれば、退職代行を使うべきです。

なぜなら退職代行を使うと、自分から退職を伝える必要なく2週間後には仕事を辞めることができるから。

そこでこの記事では、退職をしたいのに引き止められてどうすれば良いか悩んでいるあなたに、引き止めに応じたらどんな最悪な未来が待っているのかをお伝えします。

この記事を読むことで、退職を一度決めたら貫き通すことの大切さがわかります。

仕事辞めたいけど引き止められてモヤモヤしている人はぜひ参考にして下さい。

退職引き止めがしつこい場合の対処法

退職したいけど引き止めがしつこい場合は、ただ口頭で辞めたいことを伝えるだけでは不十分です。

やり方を変えて退職を伝えることが重要。

具体的には以下のような方法があります。

  • 書面で退職を伝える
  • 辞める日を明確にする
  • 辞めたい理由を相手が説得できない内容にする
  • 早めに退職を伝える

書面で退職を伝える

ただの口約束にならないように、退職届を出してみるというのは効果的です。

書面に退職したい理由や希望日を書くことで相手も受理しなければなりません。

会話をする必要もあまりないためおすすめですよ。

辞める日を明確にする

曖昧に辞めたいとだけ伝えずに、いつまでには辞めるのかということを明確にしたほうが良いです。

辞める日付も一緒に伝えることで、相手に本気度が伝わり意見を聞き入れてくれることがあります。

仮にこちらの提示した日付に辞めることができないとしても、じゃあいつなら辞められるのかという話に広げることもできますよ。

辞めたい理由を相手が説得できない内容にする

あなたが辞めることに対して、相手が説得不可能な状態を作ってしまうことは大切です。

ただ仕事が辛いや給料が少ないなどだと、これから給料をあげる・改善をするなどと言われて説得され、結局なにも変わらないパターンがほとんどです。

たとえば仕事の作業で身体を壊してしまったや、精神的にうつ気味になっているなど相手が断りにくい状況を作りましょう。

早めに退職を伝える

就業規則では、どの会社も大体1ヶ月くらい前には言うことが義務付けられています。

そこで辞めると決めたらもっと早く、2ヶ月や3ヶ月前に伝えてみるようにしましょう。

早めに伝えることでこの人は説得できないと思い諦めてくれるパターンは多いです。

ただし、注意点として辞めることを早く伝えた分長期間にわたり気まずさややりにくさが出ることがあります。

退職理由を伝えてもしつこく引き止められるなら退職代行を使う

退職をしつこく引き止められるのであれば、退職代行を使うことがおすすめ。

退職代行なら退職を伝えてから2週間で確実に辞めることができます。

その上退職を伝えるのはあなたではなく代行業者のため、引き止められる心配もありません。

退職代行で手続きを済ませたら次の日から有給扱いになって出勤しなくても良いというのも気持ち的に楽なポイントでしょう。

退職代行は費用として3万円ほどかかりますが、個人の退職ではすぐにもらえない失業保険が即日もらえるため、実質無料みたいなものです。

今の会社を辞めたくてなんの未練もない人はぜひ利用してみて下さい。

そもそもなぜ退職引き止めをしつこくおこなってくるのか

退職の引き止めが多い会社も沢山ありますよね。

では、なぜそんなに辞めることを引き止めてくるのか。それは以下のような理由があります。

  • あなたの能力が必要
  • 人員補充が面倒
  • 人手不足になる
  • 再教育が面倒
  • 上司が責任を問われる

あなたの能力が必要

あなたが優秀で引き止められるということは十分にあります。

あってはいけないことですが、多くの会社では「この人がいないと回らない」みたいな存在の人は必ずいます。

何人分もの仕事をこなす優秀な人がいたら、当然辞められたら相当なダメージのため困りますよね。

あなたが仕事ができるが故に、失いたくないから引き止められてる可能性もあるでしょう。

人員補充が面倒

1人辞めたら基本的には1人補充しなければなりません。

しかし、広告を出したり面接をしたりと人を1人雇うだけでも工程がいくつもあり面倒なものです。

新しい人を雇うのが面倒であなたを引き止めるパターンも当然あり得ます。

人手不足になる

あなたが辞めてすぐに代わりが見つかれば良いですが、そんなにスムーズにはいかないこともありますよね。

人手不足になって現場が回らなくなったら会社の利益としてもダメージを負います。

新しい人が入るまでいてほしいなどと引き止められて、ズルズル辞められない人も多いですよ。

再教育が面倒

あなたが数年間いたのであれば、それなりの仕事量や内容ができていたはずです。

もちろん新人があなたのレベルで仕事をするのはほぼ不可能ですよね。

そうなると、あなたの代わりとして新たに教育をしなければならないという手間やコストがかかってきます。

あなたを引き止めることでこのコストが削減できるのであれば、上司は全力で引き止めに入るでしょう。

上司が責任を問われる

部下が辞めると大体上司は怒られます。

管理責任を問われて怒られるわけですが、上司からしたら嫌なものです。

そのため、自分の評価や怒られるのが嫌でしつこく説得してくる上司も少なくありません。

引き止めに応じてしまうと最悪な未来が待っている

しつこいと思って引き止めに応じてしまうと最悪な未来が待っている可能性があるため注意が必要です。

引き止めれば辞めるのを諦める人なんだと思われて舐められてしまっても今後大変になります。

最悪な未来としては具体的に以下のようなことです。

  • 何度辞めたいと言ってもしつこく引き止められる
  • 周りに退職したいと思っていたことがバレて過ごしにくくなる

何度辞めたいと言ってもしつこく引き止められる

一度引き止めに応じてしまうと、その後やっぱり辞めたいと思って気持ちを伝えてもしつこい引き止めにあいます。

上司としても一度引き止めに成功しているから、しつこく引き止めれば思いとどまってくれるだろうと思いしつこく引き止めてきます。

どれだけ辞めたいと思ってもいつまでも引き止められて辞められなかったら最悪ですよね。

周りに退職したいと思っていたことがバレて過ごしにくくなる

たとえ上司と二人きりで退職の話をしたとしても、どこかしらから情報が洩れてあなたが辞めたがっていることが周りにバレることも。

周りに辞めたい気持ちがバレてしまうと、今まで通りの接し方はしてもらえず、疎外されたり腫れ物に触るように接しられたりします。

やむを得ず退職の引き止めに応じても、その後過ごしにくくなってしまっては更に仕事が辛くなってしまいますよね。

まとめ:一度辞めると決めたら引き止められても断る強い意志が必要

一度仕事を辞めると決めて、退職の意志を伝えるのであればどんなことがあっても絶対に辞めるという決意が必要です。

辞めることを引き止められて応じてしまうと、ろくな未来は待っていません。

そもそもが辞めたいのにさらにろくでもない会社生活を送るなんて最悪ですよね。

もしも自分は引き止めにあったら断れそうもないという人は、迷わず退職代行で仕事を辞めましょう。

退職代行を使ったその日から、辞めることが確定し気持ちがすっきりしますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました