退職を電話で伝えるのが怖い人の簡単な解決方法2選

仕事の悩み

退職を電話で伝えるのが怖いのであれば、結論からいうと退職代行を使って業者に退職の旨を伝えてもらうことがおすすめ!

この記事でわかること
  • 怖い思いせず退職する方法
  • 電話以外の退職の伝え方
  • 電話で退職を伝えるデメリット

仕事を辞めたいけど直接いうのが怖いから電話にしようと思います。でも、電話でも十分怖い。どうにかこの恐怖から逃げ出す方法はないかな。

退職を伝えるのって勇気がいりますよね。

怒られたり否定されたり、引き止めにあって全然辞められなかったりなどスムーズに話が進むことはほとんどありません。

退職を引き止められてる人はこちらの記事で解決↓↓

しかし、退職をしたければなにかしらの方法で辞めることを伝えるのは必ず必要になります。

そこでこの記事では、電話以外で仕事を辞める方法をご紹介します。

仕事を辞めたいけど怖くてなかなか一歩が踏み出せないという人はぜひ参考にして下さい。

今転職に関して悩んでいる20代・30代のあなたには、無料転職アプリVIEWがおすすめです。

転職エージェントだと、電話やメールが面倒ということもありますよね。

まだ転職を100%決めたわけではないのに、毎日のようにメールや電話がくるのは鬱陶しいですよね。

VIEWなら、アプリなので電話やメールがくることはありません。

登録と同時に3分ほどでできる天職診断をおこなうことができ、スカウト機能もあるという充実ぶり!

もしもいらないなと思ったらアンインストールするだけで済むため、とりあえず登録して天職診断だけでもおこなわないと損ですよ。

無料アプリVIEWで天職診断をする方はこちら!

ちなみに2022年~2024年卒業の人はキャリアチケットスカウトもおすすめ!

こちらは新卒限定の無料アプリですよ。

新卒向けのコンテンツも満載のため、第二新卒くらいまでだったら見るだけでもあなたの今後のプラスになります。

無料アプリキャリアチケットスカウトをDLする方はこちら!

退職を電話で伝えずにする方法

退職方法
  • 退職届を提出する
  • 退職代行を使う

退職を伝える方法はいくつかあります。

退職はなかなか言い出しにくいものですから、なるべく怖くない方法を選びたいですよね。

退職届を提出する

退職の話を長々と説明するのが怖いなら、退職届で書面として提出してみるのはおすすめです。

書面に退職日や退職理由を書くことで、細かい説明をする必要なく退職の旨を伝えることができます。

ただし注意点としては、その後退職届の内容に関して言及されることがあり、結局話をしないといけないという危険性があります。

退職代行を使う

一番おすすめなのは退職代行を使うことです。

退職代行は費用として2,7000円ほどかかるというデメリットはありますが、2週間で確実に辞めることができ、代行業者が代わりに退職を伝えてくれるため言及されることもありません。

たとえばあなたが明日から行きたくないと思ったら、今日退職代行を利用するだけでOKです。

代行業者が手続きをすべて済ませてくれて、2週間は有給や欠勤扱いとして処理してくれます。

今すぐ辞めたい・明日から行きたくないけど言うのが怖いという人はぜひ利用してみて下さい。

一番人気の退職代行はこちら!↓↓

退職をためらっているとどんどん不利になる

退職をためらっているとおこる弊害
  • 転職が不利になる
  • 無駄な時間を過ごしてしまう
  • 精神的に病んでしまう

退職を言い出せなくてずるずる仕事を続けていると、色々なことが不利になってしまいます。

怖いと思っていても、なんとかして退職をするというのは重要なことです。

年月が経って転職が不利になる

辞めたいのにいつまでも今の会社に残っていては、年齢もその分上がって転職が不利になります。

一般的にわかっていることですが、転職は年齢が上がれば上がるだけ不利です。

一生いるつもりのない会社に長く残ってしまい、転職が不利になってしまうのは凄くもったいないですよね。

無駄な時間を過ごしてスキル的に不利になる

辞めるつもりの会社に残っていても、あなたの成長は見込めません。

成長が見込めないということはスキルも当然身につかないですよね。

スキルが身につかない中仕事を続けていると、転職をした後に活かせるスキルがなくいらない人となってしまいます。

精神的にどんどん病んでいく

辞めたいという気持ちが強いなか仕事を続けるのは、精神的に辛いものです。

仕事中も常に辞めたい・なんでこんなことをなどと考えてしまい、軽いうつ状態になってしまうことも。

辞めたい気持ちのまま仕事を続けるのは精神的にも肉体的にもかなりの負担になります。

退職を電話で伝えるデメリット

退職を電話で伝えることのデメリットは、結局後日、直接聞かれたり怒られたりすることです。

上司からしたら直接話さないとわからない部分も多いため、話を後日改めて聞いてくる可能性は高いです。

更に電話で伝えたことにより、上司からめちゃくちゃ怒られることもあります。

どちらにしても退職を電話で伝えるのはリスクがあるということです。

直接伝えるのが怖い!でも電話はマナー違反ということは覚えておく

電話で退職を伝えるのは、マナー違反です。そのため、あなたが不利になってしまうということは覚えておきましょう。

基本的には直接伝えることが一番良いですが、やはり直接は怖いですよね。

腹を括って直接伝えることが難しいようであれば、やはり先ほどご紹介したように退職代行を使うことがおすすめ。

退職を伝えるのが怖い人でも、なんのやり取りもせず今の仕事を辞められるのは魅力的ですよね。

まとめ:退職を直接やり取りすると不利になりやすいから退職代行がおすすめ

退職を伝える場合、どうしても個人は立場が弱くなってしまうものです。

上司も退職者に対する対応は何度もしてきたためうまくいいくるめられてしまう可能性も。

無難に辞めたい日で辞めるためには、やはり退職代行というのはリスクもなく気が楽になるでしょう。

また、退職をどのようにおこなうにしても必ず次の仕事は見つけてから辞めることが大切。

リクルートエージェントなど大手の転職エージェントを利用して、あなたに合った求人をぜひ見つけて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました