【3年勤務】居酒屋チェーン店店長の給料はわりと高く400万ほど!

仕事の悩み
  • はじめに

今転職に関して悩んでいる20代・30代のあなたには、無料転職アプリVIEWがおすすめです。

転職エージェントだと、電話やメールが面倒ということもありますよね。

まだ転職を100%決めたわけではないのに、毎日のようにメールや電話がくるのは鬱陶しいですよね。

VIEWなら、アプリなので電話やメールがくることはありません。

登録と同時に3分ほどでできる天職診断をおこなうことができ、スカウト機能もあるという充実ぶり!

もしもいらないなと思ったらアンインストールするだけで済むため、とりあえず登録して天職診断だけでもおこなわないと損ですよ。

無料アプリVIEWで天職診断をする方はこちら!

ちなみに2022年~2024年卒業の人はキャリアチケットスカウトもおすすめ!

こちらは新卒限定の無料アプリですよ。

新卒向けのコンテンツも満載のため、第二新卒くらいまでだったら見るだけでもあなたの今後のプラスになります。

無料アプリキャリアチケットスカウトをDLする方はこちら!

この記事でわかること
  • 居酒屋チェーン店の店長のリアルな年収
  • 居酒屋店長として働くメリットデメリット
  • 居酒屋店長になる方法

居酒屋店長になりたいんですけど年収はどのくらいですか?大手チェーン店の店長になる方法やメリットデメリットも知りたい

【この記事の信ぴょう性】

この記事を書いている筆者は、大手居酒屋チェーン店でバイトとして2年、店長として3年働いてきました。そのため、リアルな年収や仕事内容をお伝えすることができます。

結論から言いますと、大手の居酒屋チェーン店の店長なら、最低でも400万、多い人なら1,000万貰っている人もいます。

年収の違いはわりとありますが、ボーダーラインが比較的高いため、お金に困っている人ならぜひ働いてみたほうが良い仕事です。

そこでこの記事では、居酒屋チェーン店の店長の年収と合わせて、仕事のメリットやデメリットもご紹介。

この記事を読むことで、リアルな店長事情がわかります。

居酒屋店長になりたいけど、謎が多くて不安という人はぜひ参考にして下さい。

居酒屋チェーン店の店長になりたいならリクルートエージェントITKがおすすめ!

リクルートエージェントなら全国どこでも利用できて求人数は業界随一のため飲食業の求人も多いです。

ITKは首都圏(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)の人なら使ってみたい転職エージェント。飲食業専門のため多くの求人をみることができますよ。

ただしITKは本人確認の電話に出るのが必須のため、首都圏じゃない人や電話くるのめんどくさい人はリクルートエージェントを利用するのが無難かと思います。

居酒屋チェーン店の店長は大きい会社なら給料がわりと高め

居酒屋チェーン店の店長になるなら、難易度は変わらないため大手を選ぶことがおすすめです。

たとえば、和民グループとかモンテローザグループですね。これらは各駅レベルで店舗もあるため、近場で就職するにももってこいですよ。

気になる年収としては、筆者の場合はボーナスなしの月42万円程度でした。

しかし、筆者の会社の場合は店長にもランクがあり、一番上のランクにいくと700万とか、大きい店を任されれば1,000万とかの人もいましたよ。

頑張り次第で年収がいくらでも上がるというのは魅力的ですよね。

お金に困っていて、労働がそこまで苦にならない人ならぜひ挑戦してみましょう。

居酒屋チェーン店の店長には簡単になれる

居酒屋チェーン店の店長は、あなたがなりたいと思ったら簡単になることができます。

なぜなら居酒屋チェーン店は人手不足が激しい上に、社員はもっと少ないから。

店舗によっては社員が1人もいないなんてことは珍しくありません。

そのため、社員になりたいなんて感じで募集すれば簡単に社員や店長になることができますよ。

やりたいと思ったら即日から年収500万越えの社員になれるというのは、魅力的ではないでしょうか。

居酒屋チェーン店の店長として働くメリット

居酒屋店長として働くメリット
  • やりがいがある
  • マネジメントスキルが身につく
  • ブラックへの耐性がつく

ここでは居酒屋店長として働くメリットをご紹介します。

居酒屋店長として働くと、その後の仕事に活かせるようにもなるためおすすめな部分は多いですよ。

やりがいがある

居酒屋チェーン店の店長は、雇われ店長という立場ですが、店を経営するということには変わりありません。

そのため、常連を作ったり実績を作ったりなど、やりがいを感じるポイントが大きいです。

やりがいのある毎日を送れるというのは魅力的ではないですか?

やりがいがあることで、仕事が楽しくできて充実した社会人生活を送ることができます。

マネジメントスキルが身につく

店舗経営をするのだから、当然マネジメントスキルはかなり身につきます。

  • 従業員の指導
  • 原価計算
  • 店舗改善

他にもまだまだありますが、店長がやるべきことは多いです。

マネジメントスキルは一度身についてしまえば、たとえばその後他の企業に転職しても役に立つためどの会社でも成功して年収が上がる可能性があります。

ちなみに筆者の場合は、居酒屋から工場に転職してマネジメントスキルを活かすことで責任者になり、年収が200万上がりました。

ブラックへの耐性がつく

居酒屋はかなり上位のブラックです。労働時間も長いし休みも少なく、上司もうざい。

ブラックすぎる環境で働くと、適応できずにすぐ辞めてしまうか平気になってなにも感じなくなるかの2択です。

適応できてブラックが平気になった場合、他の企業に転職してたとえある程度ブラックでもなにも感じません。

周りがしんどい・つらいなどと言っているなか自分は平然と仕事ができるというのは、かなり強みになりますよ。

居酒屋チェーン店の店長として働くデメリット

居酒屋店長として働くデメリット
  • 労働時間が長い
  • 休みが少ない
  • メンタルが弱い人だと身体を壊す

ここでは、居酒屋店長のデメリットをご紹介します。

大体想像のつくものですが、居酒屋は働く時間が圧倒的に長いというのがデメリットですよ。

労働時間が長い

居酒屋の労働時間は大体1日12~15時間くらいです。

残業でいったら毎日3時間ほどはあると思っておいた方がいいです。

店に長い時間拘束されたくない、プライベートの時間がしっかりほしいという人にとってはかなりデメリットではないでしょうか。

ただ、労働時間自体はずっと動いてるわけでもなく、サボってる時間もあるためそこまで疲れることはありませんよ。

居酒屋の労働に関してはこちらの記事をどうぞ!↓↓

【実体験】飲食業(居酒屋)がブラックすぎる理由はブラックに染まっているから

休みが少ない

居酒屋店長の休みはバイト次第なので、シフトが組めなければ10連勤とか普通にあります。

もちろんあなたの店舗なので、たとえ10連勤でしんどいからといっても人数が揃っていなければ休ませてもらうことはできません。

逆にいえばバイトが揃えば平日4連休とかもとることが可能ですが、休みが不安定なのが嫌な人にとってはデメリットでしょう。

メンタルが弱い人だと身体を壊す

  • 休みがとれない
  • 疲れた
  • 上司からめちゃ言われる

このようなことはわりと日常茶飯事な居酒屋店長。メンタルの弱い人では、すぐに病気になってしまいます。

病気になってしまっても休めないのが居酒屋店長。まともな人間としては扱ってもらえません。

あなたがメンタルに自信があるなら、全然平気だと思いますが、メンタルに不安があるなら工場勤務とかにしといたほうが良いです。

工場勤務を探すなら工場ワークスがおすすめ!求人は製造業のみで軽作業も多く、悩むことなく働けますよ。

食品工場を少しでも検討してみようという人はこちらの記事もどうぞ!↓↓

【食品工場責任者からの目線】向いている人の特徴はこれだ!

まとめ:結論、居酒屋チェーン店の店長は労働時間が長くても平気な人には向いてる

結論でいうと、居酒屋店長に向いているのは労働時間が苦にならない人です。

労働時間に対して抵抗のない人であれば、わりとコスパよく年収500万以上を稼ぐことが可能です。

  • とにかくお金を稼ぎたい
  • 今のところスキルとかないけどお金が沢山ほしい

このような人は、リクルートエージェントかITKで居酒屋の仕事を探してみてください。

確実に大手の求人があります。

先ほども言いましたが、連絡が面倒、または都心に住んでいない人はリクルートエージェントを。

都心に住んでいて連絡が面倒ではない人はITKを利用することがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました