【スキルなしの第二新卒】でも転職は楽勝!オススメのスキルも紹介

第二新卒のスキルアップ
  • 第二新卒だけど、将来が不安
  • 第二新卒スキルなしだと再就職は大変?
  • スキルを磨く方法ってなにがあるんだろう

第二新卒は転職がしやすいという傾向がありますが、成功するための秘訣、気になりますよね。

また、たとえ転職が簡単にできるからといって、スキルがないままではゆくゆく危険性があることを御存じでしょうか?

専門的なスキルだけではなく、どのような会社にいても役立つスキルというものは存在します。

会社で活躍している人は、必ず共通するスキルを持っています。

反対にいうと、役立つスキルを持っていなければ、企業で活躍することや、必要とされることはありません。

結論から申し上げると、どんな企業でも必要とされるスキルにはコミュニケーションスキルやマネジメントスキル、営業力やマーケティングスキルなどがあります。

これらのスキルのなかでどれかに特化して磨いていくだけでも、会社から必要とされて昇給や昇格をすることができたり、スキルを活かして大手企業に転職したりすることも可能です。

この記事では、第二新卒が転職を成功させる方法から、ゆくゆくはスキルがなぜ必要なのかについてご紹介します。

  • 自分にスキルがあるか不安
  • スキルがなんで必要なのかわからない
  • とりあえず転職できれば勝ちでしょ?

という人は、ぜひ参考にして下さい。

やまた
やまた

この記事を書いている筆者は、今まで4回の転職をしており、全ての会社で責任者を務めてきました。

責任者からの目線、責任者に上りつめるまでの経験から仕事に必要なスキルについてご紹介します。

スキルを磨きたい人におすすめ!

スマホの動画視聴でコミュニケーション能力向上のためのスキルを磨くことができます。「一般社団法人 日本ライフコミュニケーション協会認定のコミュニケーション検定・中級」という履歴書に書くことのできる資格を取得することも可能!

セミナーも二回あり、コミュニケーション能力を高めたい人や転職で活かせるスキルのほしい人にオススメ!

コーチとのマンツーマンで思考のプロセスを変えることに特化したキャリアコーチングサービスです。自身の思考を変える支援をおこなってくれるため、コーチングが終わったあとも自分で考える思考力が身につきます。

現状を変えたい、なんとなく仕事でモヤモヤしている人にオススメ!

マジキャリは、転職エージェントであるアクシスの運営するキャリアコーチングです。漠然とした悩みや今後の方向性の人のために、自己分析やキャリア設計の支援をおこなってくれます。

まずは性格診断やキャリアの棚卸しからおこなうため、自分の目的に対してブレのないキャリアアップが可能です。

無料面談もあるため、まずは話を聞いてみるだけでもオススメ!

第二新卒でもスキルなしだと会社から必要とされなくなる

第二新卒のように若い人材であれば、スキルや経験がなくても雇ってくれる企業は多くあります。

しかし、たとえ雇ってもらえたとしても、スキルがなければ企業から必要とされなくなることは必然です。

そのため、現状スキルがあまりなく仕事が思うようにできないという人は、打開するためにスキル習得が必要不可欠となります。

企業は当然、スキルがある人を優遇します。スキルがある人を優遇して会社で居心地よく過ごしてもらったほうが、更なる利益を産み出すことができるからです。

反対にスキルなしの人や、仕事ができない人には冷たくなりやすいです。

どうせ働くのであれば、周りから必要とされたり仕事の時間を有意義に過ごしたりしたいですよね。

そのためには若いうちから仕事で必要なスキルを身につけていくことが大切です。

若いうちからスキルを身につけておくことにより、年齢を重ねてから仕事のできないお荷物として扱われることもなく、身につけたスキルを活用して仕事に貢献することができます。

スキルなしでも転職ができる転職エージェントをまとめた記事はこちら!↓

第二新卒がスキルがないことによる仕事への影響

スキルがないと仕事に影響がでます。それは仕事そのものだけではなく、気持ちや生活など様々です。

以下でどのような影響があるのかをご紹介します。

仕事がつまらなくなる

スキルがないと、思うように仕事が進まないため、つまらないと感じてしまいます。

仕事がつまらないと当然やる気も上がりません。

スポーツも上手くできたほうが楽しいと感じるでしょう。

スポーツと同じで仕事もスキルがあり、スムーズに進むほうが楽しく感じることができます。

年収が上がらない

スキルがないと、明確な評価すべきところがないため、いつまでたっても給料が上がりません。

たとえ同年代であっても、スキルをしっかり身につけた人は上司からの明確な評価をもらうことができ、相応のポジションや昇給をすることができます。

給料が上がる人と上がらない人の違いは、明確な評価できるスキルがあるかどうかという部分です。

仕事に付いていけない

スキルがないまま仕事に付いていくことは難しいです。

簡単な流れ作業であったり誰でもできる仕事だったりすれば、こなすことは容易いです。

しかし、社会人で若手となれば新しい仕事にどんどんチャレンジしていく前向きな気持ちが必要になります。

前向きにおこなっているのに、スキルが足りないことにより付いていけないと、あなた自身も辛くなってしまいますし、上司や同僚からも良い評価を得ることができません。

評価がもらえないことにより周りとの差がどんどん開いてしまい、更に仕事についていけないという悪循環に陥ってしまいます。

プライベートにも影響を及ぼす

スキルがなく仕事が上手くいかないことで、プライベートにも影響を及ぼします。

なぜなら、仕事が上手くいっていないと、行きたくないという気持ちや辛いという気持ちが生まれてしまうからです。

その結果プライベートの時間に仕事のことを考えてしまい、有意義な時間を過ごせなかったという経験のある人も多いのではないでしょうか。

会社から必要とされなくなる

スキルがしっかり身についていないと、最終的に与えるポジションがなく会社から必要と思ってはもらえなくなります。

第二新卒などの若いうちはまだ良いですが、30歳などある程度経験を積んだ頃になってもスキルがないのではお荷物になりかねません。

そのため若いうちに必要なスキルを習得しておくことが大切です。

スキルがあることで得られることをまとめた記事はこちら!↓

企業が第二新卒でスキルなしの人に求めていること

第二新卒であるあなたに、企業はそこまでスキルの期待はしていません。

しかし、当然だれでも採用するわけではなくチェックしているポイントが存在します。

では、いったいどのような部分を見ているのかをご紹介します。

仕事に対する姿勢

企業はあなたが仕事に対してどのような心構えでいるのかをチェックしています。

若いからこそ、現状のスキルではなくどのような心構えで仕事に臨もうとしているのかは大切な判断基準。

具体的に企業が気に入るのはどれだけ前向きに仕事に対しての考えがあるかです。若手なのにやる気が全くなかったらさすがに採用はもらえませんよね。

そのため、企業に対してはやる気をしっかりアピールすることが大切。

社会人としての基本的なビジネスマナーが備わっているか

スキルは必要なくとも、基本的なビジネスマナーは第二新卒には必要です。

なぜなら、基本的なビジネスマナーが備わっていないなら新卒を雇った方が企業にとってメリットがあるから。

第二新卒の場合基本的なビジネスマナーが備わっていると、年齢は新卒と対して変わらないのに教育コストを大幅に削減することができます。

そのため、基本的なビジネスマナーとして

  • 挨拶ができる
  • 仕事を仕事としておこなう姿勢ができている

などのようなことは大切です。

長期的に働く意思を感じるか

スキルなしでも第二新卒を雇う理由は、長期的に活躍してほしいからです。

40代などと比べれば、20代前半の第二新卒は当然続けていれば長く同じ会社にいますよね。

  • 長期的に働いてもらうことで戦力になる
  • 長期的に働いてもらうことでスキルや経験が身につく

企業はこのような未来を目指しています。

そのため、あなたが長期的に働く意思があるかどうかはとても大切です。

将来のビジョンがしっかりしているか

将来に対する目標やどうなりたいのかというビジョンをしっかり持っていることは大切です。

将来に対するビジョンがしっかりしている人は、仕事に対する向き合い方がしっかりしているためです。

たとえばなんのビジョンもない人の場合、ただ毎日をダラダラと働いてしまう可能性が高いです。しかし、ビジョンがしっかりしている人は、身につけたいスキルややりたい仕事、なりたい自分がはっきりしているため仕事に対してしっかり向き合ってくれます。

そのため、将来の自分をどのように考えているのかというのは企業にとってチェックすべきポイントです。

働く企業での適正があるか

企業にとってはあなたが自社に適正があるかどうかというのはとても重要です。

全く自社に向いていない人を雇っても

  • 戦力にならない
  • すぐに辞めてしまう

などのデメリットがありますからね。

たとえば

  • 事務仕事をしたいのにパソコンが使えない
  • 配達の仕事なのに方向音痴

このような例は極端ではありますが、適正ではない仕事を選んでしまう人は意外と多いです。

そのため、企業はあなたが適任なのかをしっかりと見極めています。

第二新卒がスキルなしでも転職する方法

スキルなしでも転職を成功させるためには、転職エージェント選びと企業へのアピールが必要不可欠です。

転職エージェントは先ほどご紹介した第二新卒にオススメの転職エージェント14選のなかから、スキルなしにオススメの転職エージェントがあるのでご活用ください。

企業へのアピールでは、主に次のようなことが必要になります。

  • ポテンシャルの高さ
  • 企業を続ける意思
  • 基本的なビジネスマナー

ポテンシャルの高さ

仕事でいうポテンシャルとは、やる気や熱意・将来性のことです。

第二新卒はフレッシュさややる気が重要な評価ポイントとなるため、前向きに仕事に取り組めるという熱意を伝えることが大切です。

企業を続ける意思

企業が第二新卒を雇う理由の1つに、中長期的に活躍してくれるという部分があります。

折角入社しても続かなければ意味がありません。そのため、面接ではその企業を続けていく意思と続けたい理由を明確に伝えるべきです。

基本的なビジネスマナー

第二新卒は企業での経験があるため、新卒に比べてビジネスマナーが備わっていることが求められます。

そのため、名刺交換やあいさつ、仕事への取り組みかたなど基本的なことは分かっていることが必須です。

逆に言えば基本的なビジネスマナーが備わっているだけで、転職に成功する確率は格段に上がります。

第二新卒ならスキルなしでも転職は簡単

第二新卒というのは、いわばブランドのようなものです。なぜなら、企業によっては新卒よりも第二新卒のほうがほしいというところも少なくないから。

では、なぜ第二新卒ならスキルなしでもそこまで必要とされるのかをご紹介します。

若さゆえに呑み込みが早い

第二新卒はまだ20代前半のため、柔軟に仕事を覚えることができます。

新卒に比べて基本的なビジネスマナーが備わっているため、最低限のことは教えなくても大丈夫。

それなのに、新卒と同じくらいのポテンシャルがあるため、教えた仕事をどんどん覚えていってくれます。

たとえ業界未経験であっても、呑み込みの早さから、年配層に比べて成長するスピードが早いです。

中長期的な戦力となる

企業からしたらなるべく長い期間働いてくれて、会社に貢献してくれる人材のほうがありがたいです。

第二新卒であれば、社会人人生はまだまだ長く、続けてさえくれれば長い期間戦力となってくれます。

たとえスキルがなくても、長い期間続けていればそれなりにできるようになる人のほうが圧倒的に多いでしょう。

そのため、企業にとって若い第二新卒というのはとても貴重な存在です。

コスパが一番いい

第二新卒は、何度もお伝えしているように基本的なビジネスマナーが備わっているもの。

それなのに年齢は新卒とそこまで変わりませんよね。

  • 年齢が若い
  • 基本的なビジネスマナーが備わっている
  • 若いため長い期間働ける
  • 呑み込みが早い
  • 企業に染まっていない

このような数多くのメリットがあることにより、企業側としては人件費を無駄にかけることなく効率よく育成することができるのです。

第二新卒がスキルなしでも転職を成功させるために準備すること

第二新卒でスキルがなくても、転職自体は可能です。しかし、しっかりとした準備をしていなければ、採用を貰うことや良いスタートはできません。

そのため、準備すべきものとしては

  • 自己分析
  • 履歴書や職務経歴書の充実
  • 面接対策

以上3点を重点的におこなう必要があります。

自己分析

自己分析とは、自分の強みや弱み、なりたい自分を理解することです。

そして同時に、自分のどのような部分が企業から求められるのかを理解することが大切。

自己分析を成功させるためには

  • 企業になにを求めているのか
  • なぜ転職をするのか
  • 得意な仕事・好きな仕事はなにか
  • 苦手な業務や作業はあるか
  • 今までに培ってきた経験はなにか

などのようなことを深掘りして自分を理解することが大切です。

履歴書や職務経歴書の充実

履歴書や職務経歴書を一度作成し、完成度の高いものを作る必要があります。

実際に企業に提出する履歴書や職務経歴書の場合は

  • 自分が入社することにより企業に与えるメリット
  • 退職理由と入社理由の一貫性
  • 面接する企業に繋がる経験

などを盛り込んでいく必要があります。

しかし、提出をしない、自身の棚卸しのための履歴書や職務経歴書の場合は、細かい経験から得意・不得意全てを書き出してみることが大切。

そこからグループ分けをすることにより、自己分析に役立つ部分もありますし、後々書類選考をする時に完成度が上がります。

あなたが強みだと思っていないことでも、企業にとっては強みであるものの可能性も十分あるため、なるべく多くのことを書き出しましょう。

面接の対策

面接対策では、服装やマナーはもちろんのこと、特に質問に対する回答や逆質問の準備は必須です。

確実に質問されるものとしては

  • 退職理由
  • 志望動機
  • 前職での経験

などです。もちろんほかにもたくさんありますが、どんな質問がきてもはっきりと答えられることが大切。

そして、逆質問もかならずと言っていいほどくるため、しっかりと準備をしておきましょう。

逆質問では、コミュニケーション能力やあなたの仕事への姿勢が見られています。

必ず会社の内部的な質問をするように心がけることが大切です。

たとえば

  • 調べればすぐにわかること
  • 待遇に関すること
  • 面接官が答えにくいもの

などは質問しないようにしましょう。

まとめ:第二新卒スキルなしでも転職は可能だけどゆくゆくは考えるべき

第二新卒ならばスキルなしでも転職することは可能です。

あなたが自身の第二新卒としての魅力を伝えることで、企業は雇うメリットを感じてくれます。

第二新卒としての向上心や基本的なビジネスマナーなどの強みを活かして、転職を成功させるようにしましょう。

ただし、それだけでは年齢が上がったときに不必要な存在となってしまう可能性があるため、転職に成功したあとは油断せずスキルを磨くことがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました