【マイナビエージェントの電話面談】は優秀?使い方と転職成功のコツを徹底解説!

第二新卒におすすめの転職エージェント
この記事はこんな人におすすめ!
  • マイナビエージェントを利用したいんだけど
  • 電話面談だけでも満足のいく転職はできる?
  • 対面との違いってあるのか知りたい!

コロナの影響や、拠点との関係でマイナビエージェントの面談に直接いかずに電話で済ませたいという人は多いでしょう。

しかし、対面のほうがいい気がして、電話面談で満足にサポートが受けられるのかと心配になることもあります。

結論から申し上げると、マイナビエージェントなら電話面談でも転職成功するためのサポートを受けることは十分に可能です。

そこでこの記事では、電話面談で転職成功するための方法や注意点をご紹介します。

この記事を読むことで、あなたがマイナビエージェントを利用して満足のいく転職をする方法がわかります。

マイナビエージェントの利用を検討している人や、対面と電話どちらにしようか悩んでいる人はぜひ参考にして下さい。

電話面談と対面面談の違いは?

電話面談と対面面談の大きな違いは、相手の顔をみて細かな情報を察知しやすくなるのかという部分と、面談の時間です。

対面だと相手の表情や雰囲気から、実際にあなたにあった求人であったり、あなたの強みや弱み、人間性を知ったりすることが電話面談に比べて容易なため、キャリアアドバイザーがアドバイスをしやすくなります。

また、面談の時間に関しても差が生まれます。電話面談の所要時間は45分ほどが基本なのに対して、対面面談では75分ほどの時間を費やしてくれます。

時間に差があるということは、その分話す内容の濃さにも影響がでると考えたほうが良いでしょう。

他の転職エージェントを利用する場合、面談は基本一回か二回のため、所要時間の違いはダイレクトにサポート内容に影響します。

しかし、マイナビエージェントの良い点は、面談の回数に制限がないところです。

たとえ一回いっかいの面談の時間が、電話のほうが劣ってしまっても、回数に制限がないため、何度か電話面談をおこなうことで満足のいくサポートを受けることは十分に可能です。

また、電話面談での内容は以下のようなことをおこなうため覚えておきましょう。

  1. マイナビエージェントのサービス案内・今後の流れ
  2. 現職の入社理由と退職理由
  3. あなたの長所・短所
  4. 転職の希望条件(転職時期、会社規模、職種、勤務地、年収など)
  5. 他社の選考状況
  6. これまでの成果・実績、失敗事例
  7. 求人紹介
  8. 悩み・相談

電話面談のメリット

電話面談には様々なメリットがあります。拠点が遠い人にはもちろんのこと、そうでない人にもメリットはあるため、以下で紹介します。

拠点から離れていても利用できる

マイナビエージェントの拠点は全部で7箇所ありますが、どれも都市部に集中しています。

具体的には

  1. 東京
  2. 新宿
  3. 横浜
  4. 札幌
  5. 名古屋
  6. 大阪
  7. 福岡

となります。

たとえあなたの住んでいる地域にあるとしても、距離が遠ければ移動のための賃金や労力が必要になりますよね。

しかし、電話面談なら距離に関係なく利用することができるという利点があります。

時間がない人でも気軽に利用できる

仕事をしながら転職活動をしているため、なかなか時間が割けないという人も少なくないでしょう。

離れた拠点に面談に行くためには、有休を取得するなどなにかと弊害がでてきます。

しかし、電話面談であれば時間がない人でも、思い立ったタイミングで利用することができます。

キャリアアドバイザーとタイミングを決めるにしても電話面談であれば、仕事終わりなど時間が決めやすいですよね。

対面が苦手な人にも安心

対面に抵抗がある人や、人見知りで苦手だという人もいますよね。

そんな人でも、電話面談であれば気兼ねなく話すことができるため、安心です。

対面だと言いにくいことでも電話ならすんなりと言えるという人は、逆に電話面談のほうがスムーズに転職活動が進むこともあります。

電話面談の注意点

マイナビエージェントの電話面談では、対面と比べると注意しておくべきポイントがいくつかあります。

注意点を抑えておくだけで、電話面談がスムーズに進むため、しっかりと把握しておくことがおすすめです。

時間が短い

先ほどもお伝えしたように、電話面談は対面面談と比べるとおよそ半分ほどの時間になります。

そのため、対面に比べると全体の内容がやや薄くなってしまうことは避けられません。

時間が短いということをあらかじめ理解しておき、コンパクトな時間でもスラスラ内容を進められるような事前準備が大切となります。

ミスマッチの原因になる可能性がある

対面と比べると、電話面談では相手の表情が見えないため、キャリアアドバイザーもあなたの情報を上手く掴みきれない場合があります。

情報を正確に判断できないと、強みや弱み、転職意欲などが上手く把握できず、紹介する求人がミスマッチになってしまう可能性も。

ミスマッチを少しでも避けるように何度か面談をおこない、紹介してもらった求人に対するヒアリングをおこなってもらったり、自分の意見をしっかりと伝えたりすることが大切になります。

流れを理解しておくことが大切

短い時間だからこそ、前半戦でご紹介した流れをしっかりと理解しておき、自分の中でシミュレーションしておくことが大切。

内容を理解しておらず、しどろもどろなまま進めてしまうと、その面談は意味のないものになってしまう可能性があります。

マイナビエージェントでは面談の回数に制限がないといっても、毎回何かしらを得なければ意味がありませんし、最初の面談でつまずくとその後相手にされなくなってしまう危険性もあります。

流れを把握しておいて、スムーズに電話面談を進められるようにしましょう。

他にもおすすめの転職エージェントはこちら!↓

電話面談で転職成功するためのコツ

電話面談をおこなって、上手く転職を成功させなければ意味がありません。

しかし、成功させるためには面談をおこなう上でちょっとしたコツを理解しておく必要があります。

ここでは、電話面談で転職成功するためのコツをご紹介します。

キャリアアドバイザーにあなたという人物をしっかり理解してもらう

転職を無事に成功させるためには、まずあなたはどんな人物なのか、強みや弱みはなんなのか、どのような経験があるのかを理解してもらう必要があります。

あなたという人物をキャリアアドバイザーが理解することにより、あなたに合った求人を紹介しやすくなりますし、自分でも気付かないような部分を知ることもできます。

キャリアアドバイザーがあなたのことを理解することで、今後のキャリアプランも決めやすくなるため、自分のことを詳しく説明できることが大切です。

希望は多すぎず、しかし要点はしっかり伝える

希望が多すぎると紹介できる求人がないと言われてしまう可能性が高まりますが、あなたのなかでどうしても譲れない部分に関してははっきりと伝えることが大切です。

たとえば

  • 年収
  • 勤務地
  • 社風
  • 職種

など、転職をする上でどうしても譲れない部分はあるはずです。

譲れない部分に関しては、はっきりと伝えておかないと希望ではない求人ばかりを紹介されてしまう可能性もあるため、注意が必要。

事前に話す内容をまとめておく

電話面談をおこなう前に、流れをしっかり理解しておき、どのような内容を伝えるのかをまとめておくことで一回の面談が濃厚なものになります。

  • 求人の希望
  • あなたという人物像
  • 転職活動の苦手な部分
  • 今後のキャリアプラン

など、質問された時にスムーズに答えられることで話も円滑に進みますし、あなた自身の理解度も深まります。

面談をおこなう前には、紙などに書き出して意味のある話し合いができるように準備しましょう。

まとめ:マイナビエージェントの電話面談は優秀

マイナビエージェントの電話面談は、対面面談に比べると内容の濃さや時間は減ってしまいます。

しかし、マイナビエージェントでは面談回数に制限がありません。これはほかの転職エージェントにはなかなかない強みです。

一回の電話面談ではたとえ不十分だとしても、何回か面談を重ねることによりミスマッチのない満足のいく転職を叶えることは十分に可能です。

マイナビエージェントの電話面談を利用して、ぜひ納得のいく転職を叶えてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました