【面接で失敗や緊張する人必見!】中途面接は事前準備で決まる

第二新卒

【面接で失敗や緊張する人必見!】中途面接は事前準備で決まる

この記事はこんな人におすすめ!
  • 面接ってよくわからない
  • 面接官はなにを求めているの?
  • どんなふうにおこなえば面接で成功するのか教えて!
やまた
やまた

この記事は人材会社に6年間勤めており、責任者として多くの採用や面接・人との関わりを持ってきた筆者がご紹介します。

面接は転職活動の最終関門ですが、質問に対する答え方や企業の求めていることはいまいちわからないという人が多いです。

面接では、しっかりと事前準備ができているか、あなたは自社に相応しい人間性かというものを見られています。

そこでこの記事では、面接で事前に準備しておくべきことをご紹介します。

この記事を読むことで、面接での受け答えがスムーズにおこなうことができるようになるでしょう。

中途面接に苦手意識があるという人はぜひ参考にして下さい。

面接に強いオススメの転職エージェント一覧

参照元:ミイダス
参照元:リクルートエージェント
参照元:doda

面接は事前準備で90%が決まる

面接は本番だけ頑張ろうと思っても上手くいきません。大切なのは事前の準備です。

事前の準備さえしっかりできていれば、面接に対する取り組みはほぼ完成したと言っても過言ではありません。

具体的に事前準備でおこなうべきことは、以下のようなことです。

  • 企業研究
  • 業界研究
  • 自己分析
  • 面接対策
  • 逆質問を考える
  • 移動手段と時間の確認

順番に解説します。

企業研究

なぜ今回面接を受ける企業を選んだのかということを明確にすることは大切です。

なぜ選んだのかを明確にしておくことで、面接官から志望動機を聞かれた場合に、細かな意見を伝えることができます。

しっかりとした志望動機を答えられるためにも、企業研究としてHPを見てみたり口コミを調べてみたりすることは大切です。

もしも見学などがある場合は、積極的に参加して、企業の詳細を理解するようにしましょう。

業界研究

企業研究同様、業界研究も非常に重要となります。

業界のなかで当たり前のことを知っていなかった場合、面接で受け答えをしてるときに話が噛み合わないことがあります。

話が噛み合わないと、面接官から「この人は業界のことを全くわかってない」と思われることも。

業界の将来性や当たり前の情報と合わせて、できればニッチな情報もいくつか理解していることにより、業界に詳しい、勉強していると思ってもらうことができます。

自己分析

自己分析をすることで、自身がなぜその企業を選んだのかという理由と、自身の強みややる気を明確に相手に伝えられるようになります。

自己分析は早い段階から始めたほうが良いもので、やり込めばやり込むだけ自分への理解が深まります。

自分への理解が深まるということは、企業になにかを伝える際に悩むことがないということです。

  • なぜその企業を受けるのか
  • 自分の強みはなんなのか
  • 得意分野・苦手分野はなんなのか

など、より深いところまで自己分析をすることが大切です。

また、自己分析が簡単におこなえるサービスとしては、doda(デューダ)のdodaキャンパスというパーソナリティの特徴がわかるものや、ミイダスの市場価値診断やコンピテンシー診断がおすすめです。

どちらも無料会員登録をして、質問に答えていくだけで自分の適正や市場価値を知ることができます。

自己分析にぜひ役立ててみて下さい。

ミイダスに関する詳しい記事はこちら!↓

doda(デューダ)に関する詳しい記事はこちら!↓

面接対策

面接でどんな質問がくるのかを予め想定しておくことは大切です。

面接では

  • 自己紹介
  • 志望動機
  • 前職の退職理由
  • 他にも受けている企業はあるか

などの質問は確実にされます。

上記のような質問にプラスして、業界や企業それぞれの質問をされます。

そのため、どのような質問がきても後手に回らないために、事前に質問されるような内容に関して理解を深め、答えを練ることが大切です。

また、面接の練習を実際にしたい人は、大手の転職エージェントであるリクルートエージェントdoda(デューダ)を利用すると、手厚い面接対策を受けることができます。

逆質問を考える

「なにか質問はありませんか?」と聞かれることは多いです。

そのため、あなたが質問する内容もしっかり考えておかなければなりません。

「特に質問はありません」の場合、話を聞いていなかったのではないか、理解が不十分なのではないかと思われてしまうことがあるため、必ず質問はしたほうが良いです。

具体的に質問としてするものは、あなたが実際にHPなどをみて研究した上で気になったポイントで大丈夫です。

しかし、もしも気になったポイントがなく質問する内容に困ってしまうという人は、面接官に対して、「どのような時に仕事にやりがいを感じますか?」と聞いてみましょう。

この質問をすることで、仲間意識を自然と植え付けることができるということと、自分もやりがいを求めているという前向きな気持ちをアピールすることができます。

移動手段と時間の確認

場所の確認や移動手段は、事前に確認をし、できることなら予め一度会社の前まで行ってみるのがおすすめです。

当日になって思いのほか場所がわからなかったり移動に時間がかかってしまったりすると、面接時間に遅れてマイナスな印象になりかねません。

また、時間は早くついても印象として良くありません。

たとえば30分前に、フロントに行っても面接官はやる気のある人だとは思ってくれません。

自分の時間を押し付ける自分勝手な人だと思われてしまいます。

遅刻はもちろんいけませんが、できるだけ5分前に訪問するということわ、心がけるようにしましょう。

面接の身だしなみは基本を守る!

面接の身だしなみとして大切な心構えは、仕事をする上で適切な見た目かどうかという部分が重要です。

身だしなみで注意するべきポイントは以下のような項目があります。

  • 髪型
  • 化粧
  • 装飾品
  • カバン
  • スーツ

では、それぞれどのような部分に注意すれば良いのかを順番に解説します。

髪型

髪型や髪色は、男性も女性も共通して言えるのは表情が見えるように前髪に注意することと、明るすぎる色は避けるべきだということです。

表情が見えなかったり長すぎてボサボサの髪の毛だと、なにを考えているのかも表情から読み取れませんし、印象としても良くありません。

髪色は、接客や営業などお客さん相手におこなう仕事であればなるべく黒くするべきですし、お客さんを相手にしない仕事でも常識の範囲内での茶髪程度が好ましいです。

あまりにも明るい色で面接に行くと、働くための態度ではないと判断する企業が多いです。

化粧

女性の化粧は派手なものはNGです。かといって、マナーとして化粧はしてほうが良いため、当然スッピンでもいけません。

仕事に相応しいしっかりとした印象を与える、まとまりのある化粧をすることが望ましいです。

装飾品

実際に仕事に行くことをイメージして、時計と婚約指輪程度までが無難です。

それ以外のブレスレットやピアス、ネックレスなどはおしゃれだとしても好印象にはなりませんので避けるようにしましょう。

カバン

たとえ荷物が少ないとしても、カバンはA4サイズが入るビジネスバッグを持っていくようにしましょう。

最近ではビジネス用のリュックなどもありますが、面接の場合はバッグのほうが好ましいです。

スーツと合わせてみて見た目の浮いてしまわない、装飾品がむやみについていないようなビジネスバッグがおすすめです。

スーツ

スーツの注意点は、リクルートスーツをなるべく避けるという点です。リクルートスーツとは新卒などが着るのが一般的なため、中途面接で着用していくと、頼りない印象を与えかねません。

もしも持っていなく、新たに購入する場合は、中途面接の旨を伝えながら選んでいくのが望ましいです。

また、どうしても黒しかない人は仕方がないですが、黒の場合リクルートスーツを連想されやすいため、できるだけ紺色などのほうがおすすめです。

足先は意外とチェックされるポイントです。

傷だらけになっていたり汚れが付いていたりするのはもちろん、スーツと合わない派手な装飾などがついているのもNGです。

必ずスーツに合った仕事に相応しい靴を選ぶようにしましょう。

また、女性の場合はハイヒールやピンヒールは避け、なるべくパンプスを選ぶことが好ましいです。

クールビズや私服の場合は?

面接官から言われて悩むポイントが、「自由な服装で来て下さい」と言われた場合です。

もしも自由な服装と言われた場合は、スーツで行ってしまっても問題はありません。

ただし、指定があって、「私服で来るように」「クールビズで来て下さい」などと言われた場合は、働くときの姿を想像するために指定されている可能性が高いです。

クールビズで来てほしいと言われたら、身だしなみの整ったクールビズ姿で、私服で来てほしいと言われたら、働くのに相応しい暗めの色で普段のようなジーパンやTシャツは避けて服装を決めましょう。

私服の場合具体的にはスラックスやチノパン、シャツやカーディガンなどがおすすめです。

面接で最低限覚えておきたいマナー

面接では、必ず

  • 入室
  • 話し方
  • お茶や名刺
  • 上着
  • マスク

の項目についてマナーを覚えておくことが大切です。

それぞれのマナーは以下のようになります。

入室

ノックは3回、面接官から「どうぞ」などと言われてから「失礼します」とあいさつをして入室するのが基本です。

入室したあとは、「本日はお時間を頂きありがとうございます。宜しくお願いします。」などと一言あいさつをしてから、面接官の指示に従います。

必ず座るよう指示があってから着席するようにしましょう。

入室はファーストコンタクトとなるため、ここで失敗をして印象を悪くしないように注意が必要です。

話し方

話し方の基本は、尊敬語や丁寧語が基本です。

近年ではタメ敬語などと言われる「~っす。~っすね。」などのような言葉がありますが、面接官に不快な印象を与えてしまうため絶対に避けるようにしましょう。

必ず「~です。ます。致します。」などのような相手を敬う語尾や言葉遣いが大切です。

お茶や名刺

面接を受ける企業によっては、名刺を渡されたりお茶を出されたりすることがあります。

名刺に関しては基本の受け取りかたと同じで、両手で受け取り「頂戴致します」などの言葉を添えます。

お茶が出されることは稀ですが、もし喉が乾いていてもすぐに飲むのはNGです。

必ず面接官から「よろしければお茶をどうぞ」などと言われてから、「ありがとうございます。」や「いただきます。」と言って飲むようにしましょう。

飲み終えた後は、感謝の気持ちを込めて「ごちそうさまでした。」を言うことも好感度アップのポイントです。

上着

面接の部屋に入る前に、上着は脱ぐようにしましょう。

冬場の就職活動では上着を着て移動するのが基本ですが、面接を始める前には上着を脱いでおくことがマナーです。

入室する際は、腕に上着をかけて入室するようにしましょう。

マスク

マスクはできるだけ一般的な白色のものを着用していくのがベターです。

コロナが流行っており、マスク着用が当たり前になっているため、マスクの選び方もビジネスマナーの1つとなっています。

派手なものや色のついているものは、なるべく避けて白色のマスクを選ぶのが好ましいです。

もしも肌荒れ防止のために綿のマスクを着用している人も、なるべく白色か、なければ白に近いクリーム色などにするようにしましょう。

また、面接官は面接の判断で表情を重視する傾向があります。

参照元:doda

そのため、入室時に「可能であれば一度マスクを外してご挨拶させて頂いてもよろしいでしょうか?」などと聞いて表情を見せることができれば、好印象を与えられます。

【対面の面接マナー】服装から受付・入退室・話し方まで解説 |転職ならdoda(デューダ)
【コロナ影響下での対面面接マナーについてもアドバイス】対面の面接では、身だしなみや立ち居振る舞いも重要な選考ポイント。ここでは、面接での服装や髪型、持ち物から、受付・入退室・話し方まで好印象につながるマナーを解説。コロナ影響下での面接マナーについてもアドバイスします。事前にしっかりチェックして面接に臨みましょう。

面接の流れ

面接の流れはどの企業も大半同じです。

流れを理解しておくことで、事前の心構えをすることができるため、おおよその流れの把握はしておきましょう。

面接の流れ
  1. 入室
  2. 自己紹介・自己PR
  3. 転職理由
  4. 志望動機
  5. あなたの実績やスキル
  6. 条件の確認
  7. 逆質問

以上が面接での主な流れになります。基本的には当たり前のことですが、会話がメインの判断基準です。

質問にもそれぞれ項目があるため、自己分析や企業研究をしっかりおこない、スムーズな回答をできるようにすることが大切です。

面接の自己紹介の正しい内容

面接の自己紹介を成功させるポイントは、【自己紹介と自己PRは違うことを意識する】ということです。

自己紹介はあくまであなたの紹介をすることがメインなので、氏名などのプロフィールや現職もしくは前職でのポジションや取り組んできたことを伝えることが必要です。

現職もしくは前職の話をするときに注意するのは、取り組んだ結果学んだことを伝えるということ。

取り組んだ結果成功した話をするだけでは、ただの自慢話になってしまいます。成功したことは伝えたほうが良いですが、大切なのはそこからなにを学び、面接先の企業でどのように活かせるのかというポイントです。

過去の栄光を伝えるのではなく未来のビジョンを伝えることが重要となります。

最後は締めの言葉として、今回の意気込みややる気を手短に話せると好感度があがります。

「御社で働きたいという強い思いを持って面接にきました」などの短いもので構いません。

詳細については、面接官から聞かれた場合のみ答えて、手短に締めの言葉を終えましょう。

自己紹介では、全体的に自分のプロフィールを手短にまとめることが大切です。

短く要点をまとめて話すことができることにより、仕事の効率の良さが判断されます。

履歴書や職務経歴書を見ればわかることをわざわざ聞く理由は仕事ができる人間かの最初の見極めです。

長々と話さず簡潔にまとめることがポイントとなります。

中途面接で聞かれることは?質問例を紹介!

ここでは面接の流れの中でよくある質問の項目についてご紹介します。

職務経歴

今までの経験はもちろんのこと、企業は自社で活かせるスキルがあなたにあるかどうかの見極めをします。

そのため、面接を受ける企業で活かせるスキルがあればその部分も織り混ぜて積極的にアピールすることが大切です。

例としては

  • プログラミングのスキルがある
  • 法人営業で大きな契約を取ったことがある
  • 食品の開発に携わっていた

などです。

前職の退職理由

面接官はあなたの退職理由から、キャリアプランやストレス耐性、自社に適応できる人材かを見極めます。

退職理由がネガティブな内容だとしても、決して面接官にネガティブに伝えてはいけません。

たとえば「人間関係が嫌で辞めた」などといってしまうと、同様のことがあった場合、自社でも辞めてしまうのではないかという懸念を持たれてしまいます。

そのため、たとえ辞めた本当の理由がネガティブな内容だとしてもそこからポジティブな意見として伝えることが大切です。

ダメな例

IT業界で働いていましたが、若手ということもあり基本的なコーチングしかやらせてもらえなかった。

良い例

前職ではコーチングを主におこなっていましたが、社風が年功序列であり、なかなかそれ以上の経験を得ることができませんでした。

それではダメだと思い、自身でコーチング以外のことも勉強を進めて独学ではありますが、プログラミングを学び進めています。

自身の努力してきたものを、御社で役立てたいと思い退職を決意しました。

志望動機

志望動機では、あなたのキャリアプランや企業への理解度、スキルや経験を満たしているかを判断されます。

そのため、企業研究をしっかりおこなっておき、そこから自分の活かせる実績やスキルはなにかを伝えることが大切です。

前職では個人営業をメインにお仕事をさせて頂きました。そこで学んだことは沢山あり、営業の基本だけではなくお客様とのコミュニケーションの取り方、自社製品の分析をより細かくできるようになりました。その結果、営業成績も右肩上がりに伸びるようになりました。

その経験を活かして御社で法人営業としても活躍したいと思ったのが志望動機です。

質問はありますか?と聞かれたときのために必ず準備をしておこう!

逆質問では自分をアピールするチャンスです。自由に質問ができる逆質問のタイミングで、適切な質問をすることができれば好感度を上げることも可能です。

面接官は逆質問を面接の一部としておこなっているため、「質問は特にありません」という回答をしてしまうと印象に響きます。

そのため、必ず事前に質問を用意して面接官から好印象を得られる準備をしましょう。

逆質問を面接官がする理由や、逆質問のマナーは以下のようになります。

逆質問をする理由

逆質問は面接官の好意ではありません。そのため、かならず以下のような理由があっての上で逆質問をおこなっています。

企業との相性を確認するため

逆質問の内容で、企業との相性がわかります。

たとえば、マニュアルがしっかりしており、指導者もしっかりつくような社風の会社に対して「自由に仕事ができる環境ですか?」などと聞くと相性がいまいちだということがわかります。

質問の内容によっては「この人は社風と合っていないな」と思われてしまう可能性もあるため、注意も必要ですが、面接はあくまであなたも企業を判断する場なので、積極的に質問してみたほうが良いです。

やる気や熱意を判断するため

企業の細かな業務内容などについて質問をすると、やる気や熱意が高いと判断してもらえます。

表面上の質問や、質問がありませんなどの回答の場合は企業に対する関心が低いと思われてしまい、やる気や熱意がないという判断をされることがあります。

ある程度細かい部分まで深堀をしたような質問をすると、企業は「この人はよく調べてきている」と感心してくれるでしょう。

コミュニケーション能力を知るため

スムーズな質問や質問の答えに対する受け答えをみて、コミュニケーション能力を知ることも、逆質問の目的の1つです。

逆質問はいわばあなたが面接官側に立つような状態です。スムーズに進行できることにより、話をまとめるスキルやコミュニケーションスキルを理解してもらうことができます。

双方向の会話を円滑に進められるように心がけることが大切です。

逆質問のマナーで避けるべき内容

逆質問ではなんでも聞いて良いというわけではありません。

マナー違反な質問をしてしまうと、それだけで合否に関わるような大きな印象を与えてしまう可能性もあります。

そのため、以下のような質問はなるべく避けるようにしましょう。

給与や休日に関する質問

業務内容ではなく、お金や休みに関する質問をしてしまっては、面接官としては印象が良くありません。

「この人は仕事ではなく給与や休日が気になるのか」と思われてしまいます。

気になる点でもありますが、もしするとしても逆質問の終盤で聞いたほうが無難です。

面接官が答えにくい質問

面接官の役職によっては、質問内容に答えにくい場合があるため注意が必要です。

たとえば、現場責任者の人が面接官だった場合、人事に関することはあまり理解していないことが多いです。

反対に人事部なら現場の仕事内容を細かく答えることはできないでしょう。

面接官のポジションによって、質問を避けるべき内容があるということも覚えておくことが大切です。

HPをみたらわかるような質問

企業のHPをみたらすぐに出てくるような内容を質問してしまうと、やる気のなさや熱意のなさとして判断されてしまいます。

少し調べれば簡単にわかるような内容は、事前に勉強しておくのが基本です。

そのため、調べればわかる内容については把握しておき質問を避けることが大切です。

既に面接のなかで話した質問

面接のなかで既に話した内容を再度質問してしまうのは、当然のことながら失礼に値します。

話をしっかりと聞いておき、面接中に聞いたことや教えてもらったことを逆質問で再度聞いてしまわないように気を付けましょう。

会話の続かない質問

「仕事は楽しいですか?」などの面接官が一言で終わってしまう回答になるような質問は、コミュニケーション不足と判断されてしまう可能性があるため避けるべきです。

一言で終わってしまうような回答になる質問をしてしまうと、お互いに気まずい雰囲気ともなり、気を遣わせてしまう可能性もあります。

そのため、面接官がスムーズに答えられるような質問を投げかけることが必要です。

面接の緊張は準備をしておけば軽減される

面接の緊張は、事前準備をしっかりおこなうことで大分軽減されます。

なぜなら、事前準備をしておくことにより、質問に対する回答や立ち振舞いがしっかりとできるからです。

また、面接では人によってある程度の緊張は仕方のないものです。

  • 開き直る
  • 自分に期待しない
  • 失敗を恐れない
  • 緊張してるかと聞かれたら素直に答える

このような心構えでいるだけでも気持ちは楽になります。

失敗を恐れて緊張し、萎縮しているだけでは満足のいく回答はできません。自然となるべく口数を減らそうとしてしまう可能性が高いです。

たとえ緊張していても、「誰も自分には期待していない」くらいの気持ちで失敗を恐れず答えることが、緊張していたとしても成功するためには必要です。

面接後のお礼状は合否に影響しない

面接後に企業に向けて出すお礼状は、合否に直接影響することはありません。

しかし、マナーとして提出したい人や、お礼を兼ねて聞き忘れた質問などがある人はメールや郵便でお礼状を出してみても良いでしょう。

合否に関係あるものではないため、早い段階で出してしまうのがベストです。

ただし、あなたと同じくらいどちらを採用しようか迷っている場合、お礼状が多少なりとも合否に影響する可能性はあります。

最後の一押しとして、企業への熱意を込めたメールや郵便を送ってみるのも良いかもしれません。

どうしても合格したいと思っている企業であれば、思いきってお礼状を出してみると良いです。

まとめ

面接で成功するためには事前準備がとても重要になります。

本番でいくら頭をひねったところで、事前に準備した人に比べたらクオリティの低い回答となってしまうでしょう。

企業研究や自己分析をしっかりおこない、自分の強みを活かした面接をおこなうことが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました