リクルートエージェントの担当の対応が冷たい?冷たい場合の対処法を紹介!

第二新卒におすすめの転職エージェント

リクルートエージェントの担当の対応が冷たい?冷たい場合の対処法を紹介!

この記事はこんな人におすすめ!
  • リクルートエージェントの対応が冷たい
  • みんなこんなものなのかな
  • 冷たくされたときの対処法を教えて!

リクルートエージェントの口コミや評判では、冷たいというものがあります。

事実、キャリアアドバイザーのなかには冷たい人も存在しますが、こちらの対応の仕方によっては冷たくなくなる場合も。

そこでこの記事では、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーが冷たくなる理由についてご紹介します。

この記事を読むことで、冷たいキャリアアドバイザーへの対処法がわかるでしょう。

現状キャリアアドバイザーから冷たい対応をとられている人や、これからの利用に不安がある人はぜひ参考にして下さい。

リクルートエージェントに関する評判やメリット・デメリットをまとめた記事はこちら!↓

リクルートエージェントで担当が冷たいと感じることはある

実際にキャリアアドバイザーの対応が冷たいと感じる人はいますし、それによってやる気を失ったり嫌になってしまったりする人はいます。

ここでは、そんなリアルな口コミをご紹介します。

リクルートエージェントの口コミをみていると、転職意欲や転職する気のない人に対しては冷たい対応が多いことがわかります。

これは、リクルートエージェント側も仕事でやっているため致し方ないこと。

冷たくされないためには、転職意欲のアピールが必要不可欠でしょう。

リクルートエージェントで冷たい人の特徴

冷たいキャリアアドバイザーには特徴があります。

自分は冷たい対応をとられていないか、このような対応は冷たいのか、など確認のために見てみて下さい。

連絡が返ってこない

冷たいと感じるキャリアアドバイザーは、連絡を頻繁に返してくれません。1日以上放置された経験がある場合は、冷たいキャリアアドバイザーなんだと認識したほうが良いです。

もちろん多忙によりたまには返せないときもありますが、頻繁に連絡が途切れるようなキャリアアドバイザーは要注意です。

そのような場合は、後述する対処法を試してみて下さい。

こちらの意見を聞かない

求人の案内や、希望の条件などこちらの意見を全然聞かないで提案してくるようなキャリアアドバイザーは、冷たいと感じることが多いです。

また、冷たいだけではなくキャリアアドバイザーの都合の良い求人に誘導しようとしている場合もあるので、注意が必要。

イメージと違う案内が来た場合は、なぜそんな案内をするのかということと、自分の意見をもう一度明確に伝えることが大切です。

理由を聞いたり意見をしっかり伝えることで、お互いの誤解が解ける可能性も充分あります。

転職を急かしてくる

転職を急かすキャリアアドバイザーは、あなたに興味がなく冷たいのではなく、あなたのことを考えてくれない冷たさがあります。

転職を急かす理由にはいくつかあり、あなたのためを思っての行動の場合もありますが、キャリアアドバイザーのノルマのためという場合も非常に多いです。

この場合も、なぜ急かすのかを聞いてみるのは効果的。

しかし、答えをはぐらかしたりする人はほとんど自分のノルマしか考えない冷たい人だと思ったほうが良いです。

反対にしっかり意見を述べてくれる人は、考えがあって急かしているため、しっかり耳を傾けるようにしましょう。

そもそも何故冷たいのか

リクルートエージェントで冷たいと感じるキャリアアドバイザーの特徴はわかりましたが、そもそも彼らは何故冷たいのかを知っておく必要があります。

冷たい理由がわかることにより、自分なりの対応方法も思い浮かびますし、対策を考えることもできます。

転職意欲が低いと思われている

転職意欲の低い人に対して、キャリアアドバイザーは冷たくなります。

なぜなら、転職してくれなければリクルートエージェントに報酬としてお金が入らないからです。

報酬が入らないということは、サポートをするだけ無駄な人件費を使うことにもなりますし、キャリアアドバイザー各々のノルマにも影響してきます。

そのため、転職意欲の高い人には優しく、転職意欲の低い人には冷たくなる傾向があります。

アドバイザーが忙しい

キャリアアドバイザーが忙しいと、冷たい対応をとられていると感じることがあります。

求職者が多く、1人あたりの担当する人数が増えると、自ずと忙しくなります。

忙しい場合にいちいち全員に丁寧な対応をするのは難しいでしょう。

忙しいキャリアアドバイザーの場合、求職者のサポートに漏れがあったり言動が冷たいと感じたりすることは十分あり得ます。

優先順位が低い

あなたに対する優先順位が低いと、冷たい対応をとられてしまうことがあります。

優先順位が低くなる可能性として、転職意欲はもちろんのこと

  • 学歴
  • 職歴
  • 経験
  • スキル

以上のようなものを総合的に判断した場合に、紹介できる求人が少なかったり、あなたの希望にマッチした求人がなかったりした場合に優先順位が低くなることがあります。

リクルートエージェントが冷たい場合の対処法

冷たい対応をとられたら、気分もよくないですし転職活動に影響が出てしまう可能性もあります。

そのため、必ずなにかしらの対処をおこなうべきです。

対処法としては

  • 転職意欲をアピール
  • 強みをアピール
  • 条件を明確に伝える

などがあります。

転職意欲をアピール

転職意欲をアピールするとやる気があると判断されて、キャリアアドバイザーからのサポートも手厚くなりやすいです。

アピール方法としては、はっきりと転職意欲があることを伝えたりいつまでに転職したいなどを伝えたりすることが効果的。

他にも、アピールする方法としては

  • 頻繁に連絡をとってみる
  • 細かい質問をする
  • 希望のすり合わせをおこなう

などがあります。

強みをアピール

あなたの強みをアピールすることで、紹介する求人の幅が広がったり見つけやすくなったりします。

  • コミュニケーション能力
  • マネジメントスキル
  • 資料作成

などなど。職務経歴書などの書類では伝わりにくい強みを伝えることで、キャリアアドバイザーも立ち回りが楽になりますし、冷たくもなりにくくなります。

条件を明確に伝える

あなたの希望がいまいち理解できていなく、冷たく見えてしまっている可能性もあります。

そのような場合は、もう一度あなたの転職への条件を明確に伝えるようにしましょう。

明確に伝えることにより、キャリアアドバイザーも具体的な提案や企業探しが可能になります。

それでも冷たい場合

対処法をとったのにそれでも冷たいなんてことはあり得ます。

それは、そもそもキャリアアドバイザーが冷たいタイプだった場合です。

そんな場合は、今のまま続けていてもメリットはないため、別の方法をとるようにしましょう。

担当を変えてもらう

対処法をとってもダメなキャリアアドバイザーの場合、担当を変えてもらうのが良いです。

担当は、運営側に変えてほしい旨を伝えれば変更可能です。

しかし、担当を変えてもらう場合は注意点があります。それは、どのような部分に不満があるから変えてほしいのかということをしっかり伝えることです。

たとえば

  • 連絡が全然返ってこない
  • 求人をちゃんと紹介してくれない

などのような内容です。対応が冷たいにしても、どのように冷たくて困っているのかを伝えなければ、次の担当もまた同じような人がくる可能性があります。

キャリアアドバイザーのダメなポイントを明確にして、同じことが繰り返されないようにすることが大切です。

他の転職エージェントを利用する

他の転職エージェントに乗り換えるというのもおすすめです。

そもそも、1つの転職エージェントに絞って転職活動をすることはおすすめではありません。

特にリクルートエージェントは総合型の転職エージェントで、良くも悪くも無難なところがあります。

他にも総合型の転職エージェントをいくつか併用したり、就きたい職種があるのであれば特化型の転職エージェントを併用することもおすすめです。

また、他のおすすめの転職エージェントに関しては下記記事で詳しく解説しています。

リクルートエージェントの担当が冷たい場合まとめ

リクルートエージェントに限らず、冷たいキャリアアドバイザーは存在しますし、冷たい以外にも、怖かったりうざかったりする人もいます。

それはエージェントと自分が合っていない場合もありますし、キャリアアドバイザーとの相性が悪い場合もあります。

こちらからの適切な対応をとっても変わらないアドバイザーの場合は、悩まず担当や使う転職エージェントを変えてみることがおすすめです。

こちらの記事もおすすめ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました