マイナビエージェントから【連絡こない?!】連絡のこないタイミングと対処法を紹介!

第二新卒におすすめの転職エージェント

マイナビエージェントから【連絡こない?!】連絡のこないタイミングと対処法を紹介!

この記事はこんな人におすすめ!
  • マイナビエージェントから連絡がこない!
  • なにかやらかしてしまったのかな?
  • 不安だから理由を知りたい!

マイナビエージェントを利用していて、登録後に連絡がなかったり面談後に連絡がなかったりとする人がいます。

突然連絡がこなくなると、なにかをやらかしてしまったのかと不安になることもあるし、転職活動が進まなくなりイライラすることもありますよね。

そこでこの記事では、タイミング別にマイナビエージェントから連絡がこなくなる理由とその対処法をご紹介します。

マイナビエージェントから連絡がこなく不安を抱えている人はぜひ参考にして下さい。

連絡がこなくなるタイミング其の1:登録後に連絡がこない理由と対処法

まず連絡がこなくなる最初のパターンとして、登録しただけでその後全く連絡がないというパターンです。

では、どのような理由があるのかをご紹介します。

登録情報に不備がある

登録情報は必須項目があるため、基本的にはミスをすることはありませんが、適当に打ち込みすぎたり文字が入ってるだけで回答になっていなかったりするような不備があると、マイナビエージェントから連絡がこなくなることがあります。

このような場合は登録をし直すか、運営側に連絡をして登録情報に不備がないかを聞いてみましょう。

事前の対策としては、1つひとつの項目をしっかり読み、丁寧に作成することです。

紹介できる求人がない

登録情報を参照した結果、あなたに紹介できる求人がないというパターンもあります。

職歴や経歴が特殊であったり、年収が極端に低いと紹介できないことも稀にあります。

しかし、マイナビエージェントは総合型転職エージェントのため、紹介できる求人がないということはあまりありません。

もしも対策できるものがあるとすれば、運営に連絡をして直接紹介できる求人がないのかを聞いてみることです。

また、あなたのスキルが高いが故に紹介できる求人がないというパターンもあります。

求めている求人と、マイナビエージェントの取り扱う求人がマッチしているのかどうかを確認してみることも大切です。

マイナビエージェントが忙しい

マイナビエージェントが忙しい場合も、連絡がなかなかこないことがあります。

大体どこの転職エージェントも

  • 1月~3月
  • 7月~9月

は繁忙期となります。この時期に登録をおこなった場合に、忙しくてなかなか連絡がこないというパターンがあります。

繁忙期が原因で連絡がこない場合は、2週間ほど待ってみて、その後連絡がこなければ電話で確認してみるようにしましょう。

迷惑メールに入っている

あなたのケータイの設定で、迷惑メールに入っているという可能性もあります。

この場合は一度設定を確認してみて、迷惑メールに入っているようであれば解除してみましょう。

連絡がこなくなるタイミング其の2:面談後に連絡がこない理由と対処法

面談後に連絡がこなくなるケースも、少なくはありません。

面談が終わって連絡がこないと不安が一気に押し寄せますよね。

しっかりと理由を理解して、対処するようにしましょう。

紹介できる求人がない

こちらは登録時と同じく紹介できる求人がないパターンです。

違う点は、面談をおこなったうえで紹介できる求人がないという部分です。

面談ではあなたの希望の職種や年収をヒアリングして、どのような求人を紹介するか決めますが、一番多いパターンでは希望が多すぎるという場合でしょう。

あまりにも細かい希望が多いとマッチする求人が見つからず連絡がこなくなってしまうため、どうしても譲れない希望を優先的に伝えることが大切です。

面談時にキャリアアドバイザーに嫌われてしまった

面談時にやらかしてしまって、キャリアアドバイザーから嫌われてしまった結果連絡がこないということもあります。

キャリアアドバイザーも人間なため、もしもあなたが横暴な態度をとってしまったり嫌われてしまうようななにかをしてしまったりした場合は連絡するのが嫌になってしまうこともあります。

しかし、一度嫌われてしまったら関係修復は難しいもの。

思い返してみて嫌われてしまったかもと思う人は、諦めて担当を変えてもらったほうが良いです。

転職意欲が伝わっていない

面談時にあなたの転職に対する意欲がしっかり伝わっていなければ、転職意欲のない人を相手にしても無駄だと思われてしまい連絡が疎遠になることがあります。

転職意欲を伝える一番簡単な方法は、転職するまでの希望の期間を早く伝えることです。具体的には3ヶ月以内が妥当です。

もしも疎遠になってしまったら、伝え忘れたという言葉を添えて転職期間を短めに伝えてみるのも1つの手です。

紹介された求人をことごとく断っている

紹介されている求人をどれも断っていると、転職意欲への判断にも関わりますし、キャリアアドバイザーから嫌がられてしまう可能性もあります。

担当のキャリアアドバイザーが紹介してくれた求人が、仮にあなたにとってあまり良くないものばかりだった場合は、どのあたりが嫌なのか、どのような求人を紹介してほしいのかを再度話し合うことが大切です。

連絡がこなくなるタイミング其の3:企業との面接後に連絡がこない理由と対処法

企業との面接が終わったあとに、キャリアアドバイザーから連絡がいつまで待ってもこないということもあります。

合否を早く知りたいのに連絡がこないと不安とイライラが募りますよね。

ここでは面接後に連絡がこないのはどのようなパターンがあるのかをご紹介します。

応募した企業から連絡がこない

応募先の企業から連絡がこなく、キャリアアドバイザーからも連絡ができないというケースがあります。

企業の状況にもよりますが、一般的には2週間ほどまでは合否の連絡に時間を費やすと思ったほうが良いです。

しかし、2週間以上待っても連絡がこない場合は一度確認をしてみたほうが良いでしょう。

担当が連絡するのを忘れている

合否の結果はきたけど、担当のキャリアアドバイザーがあなたに対して連絡を忘れていることもあります。

本来こんなことはあってはならないし、可能性としてはごく稀ですが、企業から連絡がこないのと同様一度確認をしてみましょう。

マイナビエージェントが電話面談だけの場合は、求人を紹介して貰える可能性が低い

登録して、対面での面談の打診がなく、電話面談だけの案内だけだった場合は、キャリアアドバイザー側からみて紹介できる求人がないと思われている可能性があります。

しかし、電話面談の内容でその結果はいくらでも覆すことができるため、真面目に電話面談をすることがおすすめ。

なぜなら、最初の電話面談か対面面談かの打診に要している情報はあなたの登録情報のみだからです。

希望や強み、今までの経験を電話面談で伝えることにより、いくらでも紹介できる求人は増えるため、第一印象があまりよくないだけだと捉えて電話面談に真剣に臨むことが大切です。

マイナビエージェントで連絡を貰うためには、なによりも転職意欲のアピールが大切

マイナビエージェントで連絡がこないと嘆いていても仕方がなく、連絡を貰うためには転職意欲のアピールを常にすることが大切です。

キャリアアドバイザーも仕事としておこなっており、結果としてあなたを企業に入社させることで報酬を得ています。

そのため、転職する気がないと判断されてしまうと、サポートをしても意味がないと思われてしまい連絡がこなくなります。

そうならないためにも、登録の段階から様々な行動に対してやる気のアピールに繋がるのかを考えながら進めていくのが大切。

転職時期の設定や積極的な質問、こまめな連絡により転職意欲をアピールしましょう。

どう頑張っても連絡がこなかったり頑張りようがなかったりする場合は、他の転職エージェントに乗り換えることがおすすめ

いくら転職意欲をアピールしても、キャリアアドバイザーによっては連絡がこなかったり、おなたとマイナビエージェント自体の相性が悪くキャリアアドバイザーを変えても連絡がこなかったりすることはあります。

努力をした結果連絡がこなく、転職活動が進まない場合は、マイナビエージェントが自分に合っていないと思い他の転職エージェントを検討してみることがおすすめです。

具体的には、同じ大手のリクルートエージェントやdodaを利用するか、あなたが専門的に取り扱いたい仕事があるならそれらの転職エージェントを利用することがおすすめです。

たとえば、プログラマーになりたいならgeek job、営業にいきたいならいい求人netなどがおすすめです。

マイナビエージェントから連絡こないまとめ

マイナビエージェントでは、連絡のこないタイミングや理由が色々とあることがわかりました。

連絡がくるようにするために最も重要なのは、どれだけ転職に対する強い意志があるのかをアピールできるかという点です。

マイナビエージェントも商売としておこなっているため、お互いがメリットのある関係になるためにも求職者の転職意欲はとても大切です。

しかし当然、転職エージェントとの相性というものもあるため、あまり相性がよくないなと感じた場合は、他の転職エージェントの利用も検討してみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました