【やり方が大事!】スキルアップできない仕事は続けるべきではない

仕事の悩み
  • はじめに

今転職に関して悩んでいる20代・30代のあなたには、無料転職アプリVIEWがおすすめです。

転職エージェントだと、電話やメールが面倒ということもありますよね。

まだ転職を100%決めたわけではないのに、毎日のようにメールや電話がくるのは鬱陶しいですよね。

VIEWなら、アプリなので電話やメールがくることはありません。

登録と同時に3分ほどでできる天職診断をおこなうことができ、スカウト機能もあるという充実ぶり!

もしもいらないなと思ったらアンインストールするだけで済むため、とりあえず登録して天職診断だけでもおこなわないと損ですよ。

無料アプリVIEWで天職診断をする方はこちら!

ちなみに2022年~2024年卒業の人はキャリアチケットスカウトもおすすめ!

こちらは新卒限定の無料アプリですよ。

新卒向けのコンテンツも満載のため、第二新卒くらいまでだったら見るだけでもあなたの今後のプラスになります。

無料アプリキャリアチケットスカウトをDLする方はこちら!

この記事でわかること
  • 仕事でスキルアップできない原因と対処法
  • 仕事でスキルアップできないデメリットできるメリット
  • 仕事で使えるスキルを磨く方法

今の仕事で全然スキルアップできないと感じている人は多いのではないでしょうか。

仕事でスキルアップできないと、このままで大丈夫なのかと不安になってしまいますよね。

スキルアップできないで年齢を重ねると、仮に転職したときに「無能」呼ばわりされてしまうなんてことも…

そんな未来は避けたい!そんな人のためにこの記事ではスキルアップできない原因やスキルアップの方法をご紹介します。

この記事を読むことで、仕事に対する不安から解放されるようになります。

今の仕事でスキルアップできないんじゃないかなと不安に思っている人はぜひ参考にして下さい。

やまた
やまた

この記事を書いている筆者は、4つの会社で責任者を務めてきて、数百人以上の採用や教育をおこなってきました。

仕事でスキルアップできないならなにかしらの行動を起こすべき

今の仕事じゃ全然スキルアップできないじゃん。なんでだよ。こんな風に仕事のせいにしているだけで半ば諦めてるなんてこと多くないですか?

筆者の場合は仕事でスキルアップできないなと感じたら直ぐに行動を起こすようにしていました。

その選択肢としては以下の方法があります。

  • マネジメントやコミュニケーションを学んでみる
  • 上司に頼んで新しい仕事を任せてもらう
  • 自分になにが足りないのか、どんなスキルが重宝するのかを考える
  • このままじゃダメだと思い転職をする

行動をすることで今の立場からは大きく変わりますし、どの会社にいっても大丈夫だという自信に繋がります。

実際筆者はこの方法で今まで転職した4回、全ての会社で責任者をつとめてきました。

会社が原因な場合もありますし、自分が原因な場合もありますが、どちらが原因にしてもただダメじゃんと思ってるだけではなにも変わりません。

とにかく行動を起こしてみること、それが一番のおすすめです。

もしも転職をしてみたいと思う人はわたくしも紹介している第二新卒におすすめの転職エージェント14選を見れば、良い転職エージェントと巡りあうことができますよ。

俺は今の会社でスキルを磨きたいんだ!という人は、とりあえずの行動としてはコミュニケーションスキルを磨くことをおすすめします。

なぜコミュニケーションスキルをおすすめするのかというと、何処にいっても通用するスキルであり、マネジメントの根幹になるからです。

上司になるつもりのある人はもちろん、そんなつもりがない人でもマネジメントスキルの基礎を覚えておくことで、周りを上手く使うことができるようになり、自分の働きやすい環境作りができますよ。

気になる人は、コミュニケーションスキル検定という教材で勉強してみるのが、おすすめ。資格取得も同時にできるため、転職のときにもプラスになります。

仕事でスキルアップができない原因

仕事でスキルアップができないと将来が不安になりますよね。

具体的にスキルアップできない原因はこんな感じ。

  • スキルアップできない仕事をしている
  • あなたの仕事への姿勢が悪い
  • スキルに関係ある仕事を任せてもらえない

このままでいいのか、と疑心暗鬼になってしまうことも。ここでは、なぜ今の仕事でスキルアップができていないのかについてご紹介します。

スキルアップできない仕事をしている

そもそもあなたのおこなっている仕事がスキルの身につくものではないパターンです。

仕事には当然将来使えるようなスキルが身につく仕事内容も多くありますが、反対にやっつけ仕事のような全くスキルに繋がらない仕事もあります。

たとえば、ひたすら検品をするだけの工場作業。確かに同じような職場に転職するのであったり検品の早い遅いはあったりしますが、ニッチすぎて決して実用的なスキルとは言えません。

このように同じ職種やどこにいっても通用するスキルではないようなスキルアップできない仕事をしていると、あなたが成長することはできません。

あなたの仕事への姿勢が悪い

仕事でどのようにスキルアップをするべきかを考えて行動していないと、なかなか成長に繋がりません。

仕事はただおこなっていれば良いというものではないです。スキルアップをしている人は必ずと言って良いほど自分のビジョンに関して考えて行動しているもの。

たとえば言われたものをただおこなっているだけの人と、どんどん次の仕事に手を出している人ではスキルのつき方は全く違います。

  • 気を利かせる
  • 次の行動を考える
  • どうしたら効率が良いのかを考える

このように仕事に対する姿勢をしっかりもつことでスキルアップは十分できます。

スキルに関係ある仕事を任せてもらえない

あなたが職場で任されている仕事が、スキルアップに関係ないものばかりの場合もあります。

当然職場によってはどれだけ成長しても任せてもらえないこともありますが、大半はスキルの必要ない仕事が満足にできていないのが原因。

ただ仕事をこなしているだけ。それではステップアップした仕事を任せてもらえることはありません。

スキルアップできるような仕事を任せてもらえるためには、今現状の仕事を周りよりもできる必要があります。

通常業務が周りよりもできていなければ、スキルアップできる仕事を任せてもらえることはないと考えたほうが良いでしょう。

仕事でスキルアップできない人の特徴

仕事でスキルアップできない原因として職場環境や社風もありますが、あなたの考え方や行動が原因の場合もあります。

では、いったいどのような特徴があるのかをご紹介します。

先に答えをいうと、以下のような人です。

  • 主観で物事を捉えていない
  • どのようになりたいのかというビジョンが見えていない
  • やり方が間違っている

主観で物事を捉えていない

物事を主観で捉えるというのは非常に大切です。

主観で捉えられず他人事のように思っていると、仕事に対する責任感が生まれないため全く成長できません。

たとえばトラブルがおこったときに、トラブルに対して「まずい」「どのように改善しよう」と考えるのが主観的ですが、主観で捉えられない人は「残業かよ」程度にしか考えられません。

物事を主観で捉えることにより、【どうするべきか】を考えることができるためスキルアップしやすくなりますよ。

どのようになりたいのかというビジョンが見えていない

あなたがどうなりたいのか、どのような仕事をしたいのか、このようなビジョンはとても大切。

ビジョンをしっかり持つことにより、仕事に対する向き合い方が変わります。向き合い方が変わるということは行動そのものも徐々に変わっていきます。

たとえば

  • 特定の覚えたい業務がある
  • 人を扱う立場になりたい
  • 昇給や昇格をしたい

このようなビジョンがあると、そこに向かってどのような行動をすれば良いのかが少しずつ見えてきますよね。

そのため、ビジョンをしっかりもって仕事をおこなうことは大切です。

やり方が間違っている

スキルアップできない人のなかには、仕事のやり方を間違っている人が多いです。

頑張るところを間違えていると、ただ疲れるだけで結局スキルは身につきません。

たとえばマネジメントをしたい人がいくら作業を頑張ってもマネジメントスキルは磨かれませんよね。

やり方を間違えて疲弊するのではなく、スキルアップにどのような仕事が必要なのかを考えることが大切。

仕事でスキルアップできない場合のデメリット

スキルアップができない場合のデメリットには様々なものがあります。

仕事に対するモチベーションが下がってしまったり転職したあとに不利になったり。ここでは特に陥りやすいデメリットを3つご紹介します。

  • 昇給・昇格ができない
  • 会社に必要ない存在になる
  • 転職してもなにも活かせない

昇給・昇格ができない

スキルアップができない人は、昇給や昇格から遠い存在となってしまいます。

勤続年数で給料が上がるところが多いですが、やはり仕事ができる人のほうが昇給の金額や昇格には近い存在となりますよね。

しかし、スキルアップできていない人は評価するものがないため昇給や昇格から遠い存在に。

たとえば一通りの仕事をそつなくこなせる人と1つの仕事しかできない人では、会社からの評価は歴然。

つまり昇給や昇格をしたい人はどうしてもスキルを身につけなければならないということです。

会社に必要ない存在になる

スキルアップできない人は、いずれ会社からは不必要な存在になってしまうことも。

勤続年数だけ多くてスキルが大してない人と、数年できっちりスキルを身につけている人なら当然後者のほうが会社に必要な存在ですよね。

勤続年数や年齢があるからある程度会社としては昇給をしてあげないといけないという状況で、会社に貢献できていないような人はお荷物同然。

会社からいらない存在とならないためにも、年数に見合ったスキルアップは必要です。

転職してもなにも活かせない

スキルを身につけていないと、転職をした場合も前職の経験を活かすことができません。

前職でマネジメントやコミュニケーションなどの万能なスキルを磨けているか、同じような仕事に転職してスキルを活かすかでもしないと、転職先で全く機能しないことがあります。

たとえば業務に携わらず配達だけをやっていた人が、いきなりIT業界に入ってもなにもできないですよね。

専門的なスキルでなくとも、万能なスキルを磨いておけば結果は変わったものの、スキルアップできない人は、おこなっていた仕事しかできないことが多いです。

転職先でスキルを活かすためには、目の前の仕事をこなすだけではなく周りを把握して仕事をすることが大切。

仕事でスキルを磨くことによるメリット

仕事で使えるスキルを磨かないことによるデメリットがあるということは、スキルを磨くことで様々なメリットを得られるということです。

  • 会社で必要不可欠な存在になる
  • 楽しく働くことができる
  • 何処にいってもスキルが活かせる

得られるメリットは仕事内容に関することはもちろんのこと、メンタル面でも余裕が生まれるためぜひともスキルを身につけたいですね。

会社で必要不可欠な存在になる

スキルが十分に身についた人は、会社にとって必要不可欠な存在となります。

それもそのはず、あなたのスキルがあることで仕事の効率化や円滑な流れをつかみとることができるからです。

たとえばスキルが身についたら、役職がなくてもあなたが全体の指示を出すこともあるでしょうし、あなたにしか頼めない業務も出てきます。

当然それらの仕事が上手く回るのはあなたがおこなっているからこそ。

更に必要不可欠な存在となると

  • わがままが通りやすい
  • 融通が利きやすい
  • あなたのやりやすいようにできる

というメリットも生まれます。

スキルを磨いて必要不可欠な存在になることで、多くのメリットを得ることができますよ。

楽しく働くことができる

スキルアップをすると楽しく働くことができます。

これは、皆さんもイメージしやすいとはおもいますが、仕事ができたほうが楽しいですよね。

スキルアップして任される仕事が増えることが苦痛に感じる人もいますが、基本的にあなたのアップしたスキルで十分できる仕事を任されるため、スムーズにおこなうことができます。

たとえばマネジメントが得意になった人が、人の配置や教育をするのはワクワクするものです。

そのため、楽しく働くためにもスキルアップは必要です。

何処にいってもスキルが活かせる

スキルアップをした場合、転職した後にも活かすことができます。

  • 専門的なスキル
  • 万能的なスキル

スキルには2種類ありますが、次にどこに転職するのかさえ間違えなければ、どちらのスキルが優れていても転職先で活かせるものです。

たとえば

  • プログラミングスキルを磨いた状態でのIT業界への転職
  • マネジメントスキルを磨いた状態でのキャリアアップ転職や役職転職

これらはスキルを磨いていたからこそ活かせるものですよね。

そのため、今のうちにスキルを磨いておくことで将来困ることがなくなります。

スキルアップできない会社の特徴

あなたがいくらスキルアップしたいと思っても、会社の内容によってはスキルアップできないこともあります。

スキルアップできない会社の特徴としては以下の通りです。

  • 仕事が単調
  • 成績や成果にとらわれない
  • 専門的な仕事がない

仕事が単調

工場みたいな単調な仕事だと、スキルアップすることは難しいです。

スキルというよりも慣れでどうにかなるような仕事だと、何年働いても結果的にスキルは身につきません。

たとえば工場以外でも、ひたすら数字を打ち込むだけの事務仕事などはスキルではなく慣れですよね。

仕事が単調で考えた行動がないものの場合、将来的にスキルアップすることが難しいです。

成績や成果にとらわれない

成績や成果にとらわれないということは、考えずに行動していてはただ毎日をこなすだけの仕事になってしまいます。

成績や成果にとらわれていないのは、とても良心的な会社で働きやすさはありますが、その分スキルを身につけるという意味では難しさがあります。

自由が故に自分の頭でしっかり考えて、どうしたらスキルを磨けるのかを試行錯誤しながら行動しなければ何年いても仕事ができるようにはなりません。

成績が良くないと給料に反映しないようなところのほうが、スキルという意味では身につきやすいでしょう。

専門的な仕事がない

専門的なことを仕事で学ばなければ、スキルは身につきません。

ひたすら繰り返すだけの仕事や、考えなくてもやるだけで良いような仕事では、あなたのスキルはいつまでたっても身につかないでしょう。

あくまで一例ですが、プログラミングや営業などのように考えながらおこなう仕事のほうがスキルは身につきやすいですよ。

ここまでで、このままじゃまずいと思った人は筆者の紹介するおすすめの転職エージェント14選でとりあえず仕事を探してみるのもおすすめ。

スキルを磨ける仕事

スキルを磨ける仕事や会社には特徴があります。

成長していける企業を選ぶことであなたの将来も安定します。

具体的には以下のような企業を選ぶことがおすすめ。

  • 長い歴史があり、変化に対応できる会社
  • これから伸びていく企業や業界
  • 明確なビジョンを持っている会社

長い歴史があり、変化に対応できる会社

長い歴史がある会社というのは、やはりしっかりとした成長をしており、変化にも対応できる会社が多いです。

長く続いているということは、それだけの実績もあり、さらに従業員の教育がしっかりできているからこそ。

小さな会社ほどマニュアルが雑だったり仕事ができない人が多かったりしますからね。

歴史の長い会社に就職することで、成長と実績を積むことが可能です。

これから伸びていく市場や業界

たとえばこれから伸びていくweb業界などに就職すると、スキルをみにつけることができます。

伸びている業界というのは、変化をする必要があるため、新しいことやわからないことにどんどんチャレンジすることが可能。

たとえば今まで実績のないものへの挑戦があるなど、新たなスキルを身につけたい人からしたら最高の環境です。

伸びてる市場や業界のなかから、それなりに成績がしっかりしてる会社がおすすめ。

明確なビジョンをもっている会社

ビジョンがしっかりしている会社は、教育ややり方もしっかりしていることが多いです。

なぜならビジョンに向かってどのように行動すれば良いかをわかっているから。

ビジョンのしっかりしている会社ほど、各々のスキルを磨くことに力を入れていることも多いので、成長するための環境が整っていると考えていいです。

明確なビジョンを持っている会社に入社することで、飛躍的に成長することが期待できますよ。

暇なときはスキルアップのチャンス

実は仕事で暇だと感じるときは、スキルアップできるチャンスです。

暇になるというのは、今までの仕事に余裕が出てきたり時間が余ったりしている状況。

気持ちにも余裕があるため、新しいことに挑戦するのも苦ではありませんよね。

暇なときほどスキルアップのことを考えて、上司に相談して新たなことに挑戦してみたり、キャリアコーチングや講習などを受けてスキルアップしたりすることがおすすめです。

そうすることであなたの未来は今よりもっと明るくなりますよ。

また、仕事で暇なときにやるべきことは、【仕事で暇なとき】はスキルアップのチャンス!対処法とやるべきことを紹介でもお伝えしているのでよければ参考にして下さい。

まとめ:仕事でスキルアップできないという悩みはやり方次第で解決できる

  • 仕事でスキルアップできない

この悩みは確かにわかります。なんでスキルアップできないのか、こんなのでどうするんだ、などと思うことも多いですよね。

しかし、実はスキルアップをするためにはちょっとした考え方や行動を変えるだけでもある程度は変化を起こすことができます。

ただ、それだけでは不安という人は、多少お金はかかりますがまずは無料からでも始められるマジキャリなどで自分の将来について真剣に考えてみてはどうでしょうか。

なるべく若いうちにスキルを身につけておくことで、将来の結果は大きく変わります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました