【やり方が大事】転職がうまくいかないでつらい第二新卒の解決法

第二新卒
  • はじめに

今転職に関して悩んでいる20代・30代のあなたには、無料転職アプリVIEWがおすすめです。

転職エージェントだと、電話やメールが面倒ということもありますよね。

まだ転職を100%決めたわけではないのに、毎日のようにメールや電話がくるのは鬱陶しいですよね。

VIEWなら、アプリなので電話やメールがくることはありません。

登録と同時に3分ほどでできる天職診断をおこなうことができ、スカウト機能もあるという充実ぶり!

もしもいらないなと思ったらアンインストールするだけで済むため、とりあえず登録して天職診断だけでもおこなわないと損ですよ。

無料アプリVIEWで天職診断をする方はこちら!

ちなみに2022年~2024年卒業の人はキャリアチケットスカウトもおすすめ!

こちらは新卒限定の無料アプリですよ。

新卒向けのコンテンツも満載のため、第二新卒くらいまでだったら見るだけでもあなたの今後のプラスになります。

無料アプリキャリアチケットスカウトをDLする方はこちら!

この記事でわかること
  • 転職活動がうまくいかない理由
  • 転職活動を成功させるための方法
  • 利用したほうが良い転職エージェント

転職活動が思うように進まなくて何社も落ちてしまったり期間がかかりすぎたりしてしまうと、段々意欲が減ってつらくなってきてしまいますよね。

そこでこの記事では転職活動が現状つらい人がどのような心の持ち方が必要か、どのような行動をすれば良いのかをご紹介します。

転職エージェントを使っている人はエージェント選びが、転職サイトを使っている人は分析が足りていない可能性が高いです。

この記事を読むことで短期間でスムーズに転職する方法がわかります。

  • 時間がかかりすぎている
  • もう何社も落とされてしまった

このような悩みをもつ第二新卒はぜひ参考にして下さい。

転職がうまくいかないでつらいと感じる人は多い

まずそもそも、転職活動がうまくいかずに悩んでいる人は多いです。

転職エージェントdodaの調べでは、転職活動に費やす期間と応募社数は以下のようになります。

  • 転職期間:3ヶ月~6ヶ月
  • 平均応募社数:19.4社

さらに全体の82.9%の人は2社以上の応募をしているというのが実態です。

「何社受けた?」転職成功者の平均応募社数、書類や面接の通過率は? |転職ならdoda(デューダ)
【最新版】転職では内定がでるまでにどのくらいの企業に応募すればよいの?みんなは何社受ける?たくさん受けたほうがよい?そんな気になる実態を、実際に内定獲得した人の1年分のデータをもとに「転職成功者」が何社に応募していたのか、リアルな選考通過・内定の確率をご紹介します。

上記の情報からわかることは、大体皆一回で転職が決まることも、ましてや数週間で仕事が決まることもなく、ある程度の苦労はしているということです。

しかし、今後の社会人生活は就職先で大きく変わるため、じっくりと活動して損はないといえます。

とはいえ転職活動に多くの時間を費やしていたり、もう何社も応募しているのに書類選考や面接で落とされたりしている人は当然不安になりますよね。

そこで次章以降では、転職活動をうまくやる方法やなぜ今うまくいっていないのかをご紹介します。

転職活動がうまくいかない理由

なぜか転職活動がスムーズに進まない。きっとこの記事を読んでいる人はそう思っているのではないでしょうか。

理由を考えてもなかなか答えが見つからないですよね。

しかし、答えは意外とロジカルなもので、型にはめて答えを出していけば自ずとうまくいく方法というのはわかってくるものです。

転職理由や自己分析が曖昧

  • なぜあなたが転職をするのか
  • 自分の強みや弱み、経験はなんなのか

このようなことをしっかりと分析することは大切です。

なぜなら、これらの理由がわからないとどのようなところに転職すれば正解なのかが曖昧になってしまうから。

  • 残業が多い会社だから転職をする
  • 人間関係が悪いから転職をする

などの転職理由

  • 自分の強みはパソコンだから、事務系の仕事も良いかも
  • 自分の弱みは方向音痴だからドライバーは避けよう

などの自己分析

このような色々な項目へのイエス・ノーをおこなっていくことで、転職場所への軸がしっかりとし、転職活動がうまくいきます。

面接対策や書類対策ができていない

転職で避けては通れない面接対策や書類対策がうまくできていないと、転職活動がスムーズに進みません。

よくなんの対策もなく企業に挑戦する人がいますが、まともな企業ほどあなたの転職に対する努力をしっかり見ています。

当然努力だけしてれば良いわけではありませんが

面接であるような

  • 退職理由
  • なぜ御社に入社したいのか
  • 御社の魅力
  • 逆質問

このようなことや

職務経歴書での

  • 自分の強みや弱み
  • 今までの経験
  • 経験やスキルから御社で活かせるもの
  • 入社したあとのイメージ

これらのことはせめて事前に考えて準備をしておくべきです。

そうすることで、面接官や人事担当からしたら、しっかり勉強をしてきていて自社のことをよくわかっている・戦力になるとおもってもらうことができ、好印象になります。

転職がうまくいかないでつらいと思っているときの対処法

転職がうまくいかないと、出口のないトンネルのなかにいるようでつらい・不安という感情は自然と生まれてしまいますよね。

そこでつらい気持ちを抑えたり少しでもスムーズに転職するためにはどのような対策があるのかをご紹介します。

転職理由を明確にする

企業を決めたのであれば、なぜそこに転職したいのかを明確にすることで転職活動も有利になるしあなたの気持ちとしても前向きになることができます。

転職理由が曖昧でなぜかわからないけど選んだ企業では、面接でうまく答えられないで落とされてしまうこともありますし、せっかく転職しても失敗に終わってしまうケースもありますよね。

転職理由を明確にするというのは、たとえば以下のようなものがあります。

  • 残業が多いから
  • 社内の風通しが悪いから
  • 企業の方針が合っていないから
  • 年収を上げたいから
  • スキルを磨きたいから

転職理由を明確にすることで、今受けようとしている会社が適正なのか、もしどのような仕事に就きたいのかがはっきりしますよ。

企業に求める条件・企業が求める条件をすりあわせる

企業側の求める条件とあなたが企業に求める条件がマッチしているかをしっかり見極めることは大切です。

なぜならお互いの条件がしっかりマッチしていなければ、内定をもらうことが難しかったり転職できたは良いけど失敗だったと感じてしまったりすることがあるから。

たとえば残業をあまりしたくない人が、残業を沢山してくれる人を求めている企業に入社してもお互いがモヤモヤしちゃいますよね。

あなたがなにを求めているかがまずは一番大切ですが、同時に転職して問題ない企業なのか、相手の求めるものをしっかりと調べる必要もあります。

自分の強みを把握してアピールする

自分の強みを書類や面接でアピールすることは大切です。

強みをしっかりアピールできることで、自分のブランディングができるということも伝わりますし、強みを活かせますというアピールにもなるから。

特に強みと企業の求める人材がマッチしている部分があれば、積極的にアピールしていくことが大切です。

自分の強みのアピールというのは、転職活動をしていく上でいつでも役に立つものなので、ぜひ早めに把握しておくようにしましょう。

転職方法を変えてみる

転職活動がうまくいかなくてつらいと感じているのであれば、転職方法を変えてみることをおすすめします。

特に転職サイトや求人広告で転職活動をしている人は、転職活動のサポートをしてくれる人もいないため大変ですよね。

転職活動に不慣れであればなおさら、様々な疑問が出てきます。そんな疑問を全て自分で解決するのはなかなかに骨が折れる作業です。

そこで筆者がおすすめするのは転職エージェントです。転職エージェントなら、キャリアアドバイザーというあなた専任のサポーターが、面接対策や書類添削、仕事探しから悩みに対するヒアリングまでおこなってくれます。

ただし転職エージェントはどこを利用するのかが超重要。既に使ってる人でもうまくできていない人は、使っている転職エージェントが合っていないケースもあります。

おすすめの転職エージェントについては次章でお伝えしますが、自分に合っている転職エージェントを利用すると、面白いくらい転職がうまくいきますよ。

他人との比較を辞める

周りと比較していると転職活動がつらくなってくるのはあるあるです。

なぜなら成功した人ばかりが目について、自分はダメなんだと思い込んでしまうから。

でもよくよく考えてみて下さい。転職で応募する数の平均は19社ほど。あくまで平均のためそれ以上応募する人も大勢います。

仮にあなたが今10社目であっても、まだまだ平均の半分だし、良い練習をしたと割りきってみることがおすすめ。

周りと比較するとちゃんとした企業選びもできなくなり、ストレスになるだけなのであくまであなたと企業の闘いだということを忘れないようにしましょう。

転職がうまくいかないでつらい人におすすめの転職エージェント3選

転職活動がなぜうまくいかないのかといったら

  • 面接で失敗
  • 書類選考で落ちる

この辺ですよね。

そこで第二新卒の人が面接や書類のサポートをしっかりうけることができて、内定に最短距離でいける転職エージェントを3つご紹介します。

ちなみにこれから紹介する3つの転職エージェントは、どれも内定率80%越えのお宝エージェントですよ!

また、第二新卒向けの転職エージェントとしては、第二新卒におすすめの転職エージェント14選もご覧下さい。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは初めて転職する人でも安心のサポート体制が整った転職エージェントです。

各業界に精通した専任のキャリアアドバイザーがいるため、あなたの転職したい業種に合わせた理想のサポートを受けることが可能!

たとえばIT・営業・サービスなど各業界に精通した選任のサポーターが在籍しています。

そのため、専門性の高い人からのサポートを受けることが可能なため、転職活動がスムーズに進みます。

ハイキャリアな求人はそこまでないため、スキルを磨きたい人やステップアップしたい人におすすめの転職エージェントです。

第二新卒エージェントneo

求人数はおおよそ1,000件ほどと言われていますが、未経験職種でもスムーズに転職できるのが特徴!

求人は全体の8割が非公開求人と言われており、フリーターや既卒などスキルに自信がない人でも転職成功の実績が多くあります。

また、多くの実績のなかに、「就職転職相談しやすさ」「面接対策満足度」「就職転職満足度」の3つでNo1の評価を得ています。

第二新卒のように職歴の浅い人にたいする実績が豊富なため、他の転職エージェントで断られてしまったような人でも求人を紹介してもらえる可能性が充分あります。

就職shop

就職shopは、ニートのような職歴や学歴に自信のない人へのサポートが強い転職エージェントです。

また、就職shopに掲載されている企業は、100%キャリアコーディネーターが訪問しているため、求人表に記載されていない内部事情に詳しく、ミスマッチが防ぎやすいのが特徴!

人間関係など求人表からは読み取れない部分に不安がある場合でも、訪問して内部事情を知っている就職shopのキャリアアドバイザーに聞けば、自分に合う企業かどうかがわかります。

書類選考もないため、100%面接確約というのもおすすめのポイントです。

まとめ:転職活動がうまくいかないでつらいと感じても諦めてはいけない

冒頭でもお話しした通り、転職活動で1社目で決まったり1ヶ月もかからず決まったりという人は少ないです。

そのため、自分が思ってる以上に基本転職活動はスムーズにいかないものなんだとおもうことが大切です。

しかし、やっぱりできるだけ転職活動をスムーズに終わらせて安心したいですよね。

なるべくスムーズに終わらせるためには、しっかり情報収集をして、自分に合った方法や場所で行動するということが大切になります。

決して諦めずに、理想の転職ができるよう頑張りましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました