仕事を辞めたいなら我慢をせずに!20代なら何度でもやり直しはできる理由

仕事の悩み

仕事を辞めたいなら我慢をせずに!20代なら何度でもやり直しはできる理由

ビジネスマン
ビジネスマン

仕事辞めたい・・・

転職したい女性
転職したい女性

なんか良い仕事ないかなぁ・・・

こんな風に考える20代の人は多いのではないでしょうか。

将来の目標といっても漠然過ぎてわからないし、今がつらいのがとにかく耐えられない。

20代の場合、社会人としていくつもの会社を経験したわけでもありませんし、長年勤めているわけでもないため、なにが正しいのか、どのくらいは我慢すべきなのかなどということはわかりません。

ただ、辞めるということにもなんとなく抵抗があり、現状がツラいけれど頑張って続けているなんて人も大勢いるでしょう。

そこでこの記事では、20代で4回転職経験をした筆者が、20代の転職はダメなことなのか、そして、転職をする上で考えたほうが良いことをご紹介します。

  • 毎日の仕事が憂鬱
  • なんのために働いているのかわからない
  • 仕事を辞めたいけどなかなか言い出せない

そんな人は是非参考にして下さい。

20代での転職は甘えではなく経験

まず、20代での転職に対して

30代男性
30代男性

最近の若者は根性が足りない!

などという意見は完全にスルーして大丈夫です。

何故なら、30代・40代になると転職に対するハードルは確実に上がり、選べる仕事も限られてしまうからです。

転職を20代のうちにたくさん経験しろとは言いませんが、どの年代で経験したほうが良いかと言ったら、間違いなく20代でしょう。

20代であれば、企業はポテンシャルで採用してくれることも多いです。

若さにより覚えも早いから、未経験職種でもなんなく挑戦できることがほとんどでしょう。

しかし、30代・40代で同じようなことをしていたら、年齢的に転職の難しい未経験職種もありますし、面接官からもこの年齢で仕事を点々としているのか、と思われてしまいます。

そして20代での転職は、決して自分への甘えではなく、より良い仕事を探すための経験だと思って下さい。

1つの企業にしかいない人は

  • パワハラ気味なことをされても当たり前だと思ってしまう
  • 寝坊をして怒られなければ、仕事は寝坊して良いものなんだと勘違いしてしまう

以上のような考えを持ってしまう可能性があります。

1つの企業に縛られていると、良くも悪くも企業に染まってしまうため、世の中の常識や基準がわからなくなってしまうのです。

そのため、仕事に対する不満や、新しい仕事への前向きな気持ちがある人は、20代のうちに転職を視野にいれて活動してみるのも良いでしょう。

仕事を辞めたくなったら理由を明確にする

仕事を辞めたい理由を明確にしなければ、例え転職に成功してもまたすぐに仕事がイヤになってしまう可能性があります。

せっかく覚悟を決めて転職をするのであれば、失敗しないために何故辞めたいのか、理由を挙げてみましょう。

仕事を辞めたい理由として多いのは、下記のようなことがあります。

  • 給与が低い
  • 上司がパワハラしてくる
  • 人間関係が悪い
  • 通勤時間が長い
  • 残業が多い
  • 休日出勤が多い
  • 仕事がつまらない・やりがいがない
  • 会社への将来性の不安

上記のような理由のなかから、自分に当てはまる項目を確認し、さらに順位をつけてみましょう。

また、当てはまる項目ごとに具体的な内容を把握することも大切です。

例えば、通勤時間がどのくらいなら辞めたい理由にならないのか、残業がどのくらいなら平気なのか。

具体的な内容を把握することにより、転職後に同じ理由で辞めたくなるリスクを減らすことができます。

20代で仕事を辞めるメリット・デメリット

仕事を辞めるというと、マイナスなイメージしか浮かばない人もいますが、20代の転職ならではのメリット・デメリットがありますので、以下でご紹介します。

メリット

・未経験職種でも挑戦しやすい

20代の場合、未経験職種であっても採用してくれる企業は非常に多いです。

それは、若さによるポテンシャルの高さを考慮した部分と、業界全体の人手不足があります。

特にIT業界は近年需要がどんどん上がっているのに対して、人手が全く追い付いていません。

このように人手不足の業界が多いなか、もし20代と40代の未経験者が面接に来た場合、企業は20代を採用する可能性が非常に高いです。

また、転職エージェントなどの求人をみてみると、未経験歓迎と謳っている企業が多くいます。

・社会人としての経験値があがる

新しい企業、新しい業界にチャレンジするということは、同じ企業で働き続けるよりも経験値を積むことができます。

もちろん1つの企業でなんの不満もなく続けられるならそれに越したことはありません。

しかし、転職することにより、新しい企業の考え方や、どの企業でも共通していること。

新しい職種により初めて覚えることも多いでしょう。

新しい経験が若いうちにできることにより、今後に活かせるスキルや、自分の向き不向きがわかるようになります。

・20代前半なら第二新卒扱いとなる

第二新卒とは、25歳くらいまでのことを指し、新卒と同じくらい企業が欲しがります。

第二新卒の企業側によるメリットは、社会人を経験しているため、最低限のビジネスマナーが備わっていること。

それにより、企業はビジネスマナーから教える必要がなく、業務を集中的に教えることができます。

そのため、若いのに即戦力となりやすい第二新卒というのは企業から求められやすいでしょう。

・20代後半なら経験を活かすことも可能

20代後半になると、第二新卒とは言えませんが、若さに加えてビジネスマナーはもちろんのこと、数年間働いたスキルを活かせる場合があります。

もちろん同じ職種であれば活かせることは増えますが、未経験職種でも活かせるスキルは存在します。

それは、仕事としての人との接し方や後輩の教育、仕事の効率の良い進め方などです。

仕事上必要となるスキルを備えている可能性が高い20代後半は、即戦力ともなりやすいですし、若さ故仕事を覚えるのも早いでしょう。

デメリット

・経験が0からに戻る

現職で経験したことや、積み上げたことによる信頼などは、転職によりまたやり直さなければなりません。

そのため、転職先ではまた新しい仕事を覚えたり、周りから信頼されるような努力が必要となります。

しかし、培った経験値が0になってしまうわけではないので、最初の会社よりはスムーズにできるでしょう。

・勤続年数が少ないと印象が悪い

一般的には、勤続年数が3年未満だと面接官からの印象はあまりよくありません。

また、1年未満で尚且つそれがいくつかある場合は、必ずと言って良いほど退職に関して聞かれるでしょう。

しかし、退職をした過去を消すことはできないし、退職理由の答え方1つで印象は大きく変わります。

退職理由を伝える場合は、嘘をつく必要はないため、本当の理由を掘り下げて話すようにしましょう。

例えば、上司がイヤで辞めたとしても、上司のせいだとは言わず、前職の方針に触れつつ話すのがおすすめです。

そして、合わせて今面接を受けている会社の場合はここが違う、という具体的な話をすることにより、退職の多さもデメリットとならない場合もあります。

・退職金がでない

入社して3年未満の場合、退職金がでないことがほとんどです。

そのため、短期間で転職をしてしまう場合は退職金が出ないと思っておいたほうが良いでしょう。

また、近年では退職金を制度として取り入れていない企業もあるため注意が必要です。

“厚生労働省参照”

https://www.mhlw.go.jp/content/000526709.pdf

引用元:厚生労働省

辞めなくても良い方法を考える

仕事を辞めたいと思うことは、誰しもが1度はあることです。

辞めたいと思ったときに、今の仕事を辞めなくても良い方法というのも考えたほうが良いでしょう。

例えば、給与が低いから辞めたいと考えている場合に、頑張って昇進すれば満足のいく金額をもらえるのではないか。

人間関係で困っている場合に、部署をかえてもらうことはできないのか。

など、辞めるを先頭に持ってくるのではなく、解決策を考えてみることも大切です。

解決策を考えても、結果的にどうしようもなかったら、無理をせず転職という選択をすると良いでしょう。

自分の市場価値を知る

自分の市場価値を知ることは、転職をする上で大きく役に立ちます。

自分の社会人としてのスキルはどのくらいなのか、今までどんなことを学んできてなにができるのか、など、自己分析をすることにより市場価値がわかってくるでしょう。

また、得意不得意や、どのくらいの年収を目指すのかなども明確にみえてきます。

もし自己分析が苦手な人は、思いきって転職エージェントを利用してみるのも良いでしょう。

転職エージェントでは、履歴書や職務経歴書の添削や、面談のなかからあなたの強みをみつけて教えてくれます。

自分の市場価値が簡単にわかる【ミイダス】で年収想定をしてみましょう!

ミイダスの詳しい詳細はこちらの記事をどうぞ

仕事を辞めるための準備は万全にする

仕事を辞めると決めて、勢いで退職してしまっては今後の生活が困難になってしまいます。

そのため、仕事を辞める前には、必ず以下のような準備をしておきましょう。

  • 次の転職先をみつける
  • 退職する1~3ヶ月前には会社に退職の旨を伝える
  • お世話になった人には直接お礼と退職の旨を伝える

退職することを上司に切り出す前に、必ず転職活動を始めておきましょう。

できることなら、転職活動を始めるだけではなく転職先が決まってからのほうが良いです。

転職活動では、20代ですと転職エージェントの利用がおすすめできます。

しかし、適当なところを選ぶと自分とマッチしておらず、希望の求人が見つからないこともあるでしょう。

そのため、気を付けるポイントとして

  • 20代に強い
  • 希望職種に強い
  • 希望がなければ全職種に強い(大手)

以上の内容を抑えておけば、ミスマッチな求人ばかりしかないということは避けられます。

辞められない場合は退職代行を利用

転職先は決まったけど、仕事を辞めさせてくれない

こんな悩みが出ることもあるでしょう。

人手が足りていない、辞められたら困る、などの言葉を並べ、どうにか残らせようとする企業は多いものです。

しかし、その言葉に流されて今の会社に残っても、辞めたいと思った理由が改善されることはほとんどありません

そんなときは、企業に頼んで代わりに退職することを伝えてもらう退職代行を利用してみてはどうでしょう。

退職代行を使えば、労働者本人に代わり弁護士や企業の代行業者が、会社に退職の意思を伝えてくれるため、話がスムーズに進みます。

【退職代行110番】で仕事をスムーズに辞めたい人は下記をクリック!

43,800円であなたの代わりに退職の手続きをしてくれます!万が一退職できなかった場合は安心の全額保証付き!

まとめ

転職は、人生を大きく左右するといっても過言ではありません。

転職の一歩を踏み出すのは非常に大きな決断が必要となることもあるでしょう。

言い出しにくかったり、周りの目を気にしてしまって我慢している。

そんな人も少なくありません。

しかし、ツラいと思い、そこに改善策がないのであれば、若いうちのチャレンジだと思い転職という選択をするのも良いのではないでしょうか。

お問い合わせ

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました