仕事を辞めたいと思ったら転職をしてOKな理由!向いてないのに続けるのは無意味です。

仕事の悩み
この記事はこんな人におすすめ!
  • 今の仕事向いてないんじゃないかな
  • 辞めたい・仕事に行きたくないと思うことがある
  • 転職をしたほうが良いのか仕事を続けるべきかわからない

今の仕事に向いてないと感じた時に、辞めるべきなのか続けるべきなのか悩む人は多いでしょう。

仕事を辞めることは簡単ですが、甘えだと思われそうでなかなか一歩を踏み出すことは難しいはずです。

しかし、結論から申し上げると、向いてないと感じるのであれば続ける理由はあまりありません。

転職してしまったほうが、今後の社会人生活として満足のいく結果を得ることができます。

そこでこの記事では、今の仕事に向いてないと感じるなら辞めてしまったほうが良い理由についてご紹介します。

この記事を読むことで、あなたが転職をすべきかどうかがはっきりするでしょう。

仕事を辞めたいと思っている人や、向いてないと思っている人はぜひ参考にして下さい。

仕事を辞めたいと思う原因

仕事をしていると、辞めたいと思う原因って様々ありますよね。

ちょっとしたいざこざや、仕事内容への不満、会社の方針など人によって感じるところは多くあります。

ここでは、仕事を辞めたいと感じる代表的な理由をご紹介します。

人間関係が悪い

人間関係がひどい環境で仕事をしていると、辞めたいと感じることは多いですよね。

  • パートのおばちゃんが口うるさい
  • 上司が理不尽に怒ってくる
  • 同僚と馬が合わない

このような経験は誰しもがあるのではないでしょうか?

人間関係への不満が毎日のように積み重なると、仕事へのやる気がなくなり辞めたくなることがあります。

やりがいを感じない

お金のためとはいえ、やっぱり仕事にやりがいがないとつまらないものです。

少なからず、特定の部分にやりがいを感じていたり、成長することへの楽しさを実感していたりすれば良いですが、それらが全くないとやりがいを感じられずなぜ仕事を続けているのかがわからなくなります。

仕事においてやりがいというのは、モチベーション・毎日の活力のためには欠かせない要素だと言えるでしょう。

自分に向いてないと感じる

今の仕事が向いてないのではないかと、一度感じてしまうと辞めたいなぁと思うことはありますよね。

向いてない仕事をやっていても、気分的にも楽しくありませんし、思うような成果も出ません。

最初は覚えることが多く忙しいため良いですが、慣れてくると向いてない仕事というのは辞めたい原因に繋がってしまいます。

今の仕事に向いてないのか見極める方法

今の仕事が自分に向いてないのかどうかを見極めるためには、いくつかのポイントを確認する必要があります。

なぜなら、ポイントを確認しないで向いてないと思っても、その時の感情で向いてないと思っているだけの場合もあります。

そのため、ポイントごとに自分のことをしっかり分析して、今の仕事が向いてないのか、向いてるのかを確認することが必要です。

成果が出ているかどうか

向き不向きを判断する1つ目の材料として、勤続年数に合わせて成果が出ているかを確認する方法があります。

成果というのは、昇給や昇格もありますが、会社によってはなかなかそのような部分に繋がらないところもあります。

そこで、自分が周りと比べてどのくらいの仕事を覚えたのかを判断してみて下さい。

周りと比べるのは本来あまりおすすめしませんが、何人か同期や近しい人がいるのであれば、その人たちと比べて自分は同じくらい仕事を覚えられているのかを確認してみるのは大切です。

仕事を覚えたということも、立派な成果なため、もしも仕事への貢献度が周りよりも少ないようであれば、向いていないと判断したほうが良いでしょう。

客観的に今の仕事への適正を確認する

客観的に自身の仕事への適正を判断することは簡単ではありません。

  • やりたい職種
  • やりたい仕事内容
  • 今までの経験で得意なこと・苦手なこと

このようなことを一度洗い出してみて、今の仕事と比べてマッチしているのかを確認する必要があります。

特に、経験というものは重要です。経験から得られた得意・不得意から、今の仕事が向いているのかを判断してみて、明らかに不得意なことが多いのであれば向いていないと言えるでしょう。

また、転職エージェントのdodaに登録すると、適職診断やエゴグラム診断などあなたが自分でも気付けていない仕事への適正を徹底的に知ることができるため、ぜひ診断だけでも利用してみて下さい。

利用の仕方はdodaに無料登録を済ませて、【適職診断】などと調べれば出てきます。

仕事をしていて楽しいと感じるか

仕事をしていて楽しいかというポイントは、向いてないかどうかを判断する良い材料となります。

楽しくない仕事を続けていても、苦痛なだけですからね。

仕事をしていて楽しいと感じる部分はあるのか、それはどのくらいの割合なのか、逆につまらないと感じる時間は全体のどのくらいなのかを一度考えながら働いてみましょう。

半分以上がつまらない時間だと感じるようであれば、今の仕事は向いていないかもしれません。

仕事を通じて成長できているか

今の仕事が向いてるのなら、仕事を通してなんらかの成長ができます。

たとえばどんどん仕事を覚えたり、人間として成長できたり、今の職場に就いたことでなんらかの成長ができているのかを確認してみましょう。

もしも成長できていないようであれば、今の仕事は向いてないと言えます。

また、今後の成長も望めないため、転職を視野に入れたほうが良いです。

今の仕事が向いてないなら辞めるべき理由

今の仕事が向いてないと感じるのであれば、辞めてしまったほうが良いです。

無理して続けることによって得られるメリットは少なく、辞めて新しい職場にいくことで得られるメリットのほうが圧倒的に多いからです。

ここでは、なぜ今の仕事に向いていないと思うのなら辞めたほうが良いのかについてご紹介します。

長期的な仕事への成果が望めない

向いていない仕事を続けていても、たとえ最初は良くても長期的な成果をあげることができません。

もともと持っているポテンシャルによっては、最初は周りより良い結果を残せる人は十分いるでしょう。

しかし、長期的に見ると向いてる人に比べて向いてない人は右肩下がりで結果が出にくくなってしまいます。

そのため、長期的な視点で考えたときに向いていない仕事をするというのは、結果的な成果に反映してくるのです。

精神的に不安定になりやすい

向いてない仕事というのは、やっていて楽しいと感じることも少ないのではないでしょうか。

そのような状態で仕事を続けていても、憂鬱になりやすかったり、日曜日に「明日仕事かぁ」とふと思ってしまったりすることもあります。

当然精神的な不安定さは、結果にも影響してきます。

楽しく仕事をできる人と、向いていないと思い楽しめていない人では、精神的な状態も、仕事で得られる結果も差が出てしまいます。

昇給や昇格がしにくい

向いてない仕事を続けて、昇給や昇格ができるのは一部の才能がある人たちだけです。

普通は向いてない仕事を続けていても、なかなか成果が出ず、結果昇給や昇格ができないことが大半でしょう。

  • 将来的に安定した給料をもらいたい
  • 役職のあるポジションで働きたい

このように考えている人は、向いてない仕事を続けるべきではありません。

転職する場合に気を付けること

今の仕事が向いてないからといって、勢いで転職してもまた向いてない仕事に就いてしまっては意味がありません。

ここでは、向いてる仕事を見つけるために転職の際に気を付けることをご紹介します。

自分のスキルや経験を棚卸しする

自分のスキルや経験の棚卸し、いわば自己分析をすることは、向いている仕事を見つけることもできますし、ミスマッチな企業に入社してしまうことを防ぐこともできます。

  • 自分にはどんなスキルがあり、何が得意なのか
  • 今までの経験で楽しかったことやツラかったことはなにか
  • どのような仕事をしている時が満足感があるか

このようなことを分析することで、向いてる仕事がどのようなものかを見極めることができます。

自分に向いてる仕事を見つける

どのような仕事が自分に向いてるのかは、当然人によって違いますし、向いてる・向いてないを判断する基準も人それぞれです。

  • 人間関係
  • 社風
  • 仕事内容
  • 給与
  • 労働環境

など、どれが自分の理想とするものであれば向いてると思うかは、その人のこだわり次第。

そのため、まずは自分が納得のいく環境とはどのようなものかを考えてみましょう。

そうすることで向いてる仕事がどんなものなのかが見えてきます。

職場の環境をよく調べる

今の仕事が向いてないからといって、直ぐに転職を決意してしまうと職場の環境をよく調べずブラック企業に入社してしまう可能性もあります。

福利厚生がしっかりしていなかったり、人間関係が劣悪だったりすることで、仕事内容には満足できるものの続けられない環境である可能性も。

求人票からはなかなか読み取ることは難しいですが、口コミを調べてみたり、転職エージェントを利用してみたりすることで会社の内部事情を知ることができます。

ミスマッチな企業に入社してしまい、後悔することが無いようにも企業の内部事情はしっかりと調べておくことがおすすめです。

企業の内部事情をより詳しく把握している転職エージェントはこちら!↓

まとめ:向いてない仕事は辞めたほうが良い

今あなたが働いていて、「この仕事向いてないな」と感じるようであれば、それは転職のチャンスかもしれません。

向いてない仕事を頑張って何年も続けても、最終的には続けられなくなり、全く別の仕事に就いてしまっては頑張ってきたものが無意味になってしまいます。

それよりは、早めに見切りをつけて新しい環境でトライしたほうが、結果的に返ってくるリターンが全く違います。

向いてない・辞めたいこのように考えることは決して甘えではないため、しっかりとした成功を掴み取るためにも転職を視野に入れてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました