【実体験】居酒屋から転職するなら工場がおすすめ!人生がかわりました

仕事の悩み

居酒屋からの転職をするなら、リクルートエージェントがおすすめ!とくに20代の支援に強く、全国20万件以上の求人を取り揃えています。登録だけなら損はないから、今すぐ登録だけでもどうぞ!↓

居酒屋社員
居酒屋社員

居酒屋から転職したいと考えているけどどんなところに転職すれば良いんだろう。スキルも特に身についてないし転職できるか不安。

こんな疑問にお答えします。

居酒屋からの転職の場合、ブラックから脱出できるという嬉しさはありますが、自分の今のスキルでどこか転職できるところはあるのかと心配になる人は多いでしょう。

結論から言いますと、居酒屋からの転職には工場がおすすめ!

この記事でわかること
  • 居酒屋からの転職はわりと有利
  • 居酒屋から転職するなら工場勤務がおすすめな理由
  • 居酒屋から工場に転職すると解決される6つの悩み

この記事では居酒屋店長から実際に工場に転職して、金銭面もメンタル面も良くなった筆者が、なぜ工場がおすすめなのかをご紹介します。

この記事を読むことで、今居酒屋を辞めたいと思っているあなたの道しるべになれば幸いです。

居酒屋勤務が嫌になってきた人はぜひ参考にして下さい。

居酒屋から転職したくなる理由

筆者も経験者だからわかるのですが、居酒屋って楽しさもあるけど辞めたいと思う理由や場面のほうがはるかに多いです。

具体的にはこんな感じです。

  • 残業が多い
  • 休みがない
  • クレーム対応が嫌だ
  • 人との関わりに疲れる
  • バイト次第でシフトがカオス

もし今からご紹介する内容で、1つでも納得がいく人や確かに辞めたくなるという人は、すぐにでも転職準備をすることがおすすめ。

なぜならそのストレスは放っておいても変わらないし、飲食業界では当たり前になってしまっているからです。

残業が多い

居酒屋は残業が毎日4時間くらいはあるのは当たり前です。8時間で帰れるなんてことはまずありえません。

筆者の場合は自分で勤怠管理をする会社でしたが、1ヶ月に働かないといけないボーダーラインが216時間とか232時間とかでした。この時間は日数によっても変わりますが。

基本的に8時間の会社で残業がないところなら、1ヶ月の労働時間は180〜程度ですよね。

一般企業と比べると明らかに残業が多いのがわかります。

大体どこの店舗も、社員は早出から出て閉店までいることが多いので、15時~27時とか店舗によっては29時とかになります。

これでは残業ばかりで自分の時間なんて全くとれません。

休みがない

繁忙期に20連勤とかはもはや当たり前になっている居酒屋ですが、繁忙期でなくてもなかなか休みをとることは難しいです。

後程でもご紹介しますが、理由は2つあり、1つはシフトが組めない・バイトが出てくれないというのが原因です。

もう1つは、社員が休んで店になにかあった場合に、上司からめちゃくちゃ怒られるから。

怒られるのめんどくさいしだったら毎日店にいようかなって思って、タイムカードを打たずに店にずっといる社員も少なくありません。

クレーム対応が嫌だ

居酒屋はお酒を飲んだ人を相手にしているので、クレームも起きやすくかつ、クレームの質がかなり悪いです。

論理が破綻してるようなクレームをもらうことは頻繁ではないにしろ必ずあります。

ちなみに筆者の勤めていた会社では、クレームがあると減給されていました。

デメリットしか生まれない上に、対応する人も労力を使うためクレームが起きるのがほんとに嫌だと思う社員も多いです。

人との関わりに疲れる

人見知りの人はもちろんですが、人見知りじゃない人でも毎日のようにお客さんと会話をするというのは意外としんどいですよね。

人との関わりが多過ぎて、もう誰とも話したくないと思うこともあるのではないでしょうか。

どうしても多くの人に囲まれたなかで仕事をしていると、段々精神的に疲れて嫌になってしまうということもあり得ます。

バイト次第でシフトがカオス

居酒屋勤務での一番の悩みと言ってもいいのが、シフト作成です。

とくに母数が少ない店舗とかだと最低人数が揃わない日があることも少なくありません。

誰も出勤してくれなくてワンオペなんて経験した人もいるでしょう。

  • バイトが多くでてくれる
  • バイトが多くいる
  • 繁忙期にでてくれる人が多い

このような状態でないと、毎週のようにシフトで苦悩しなければなりません。

居酒屋から転職するなら工場がおすすめな理由

居酒屋から転職するなら、工場が一番おすすめできると思います。なぜなら、特別なスキルも必要ないし居酒屋での悩みがほとんど解決できるからです。

具体的には以下の通り。

  • ワークライフバランスが保てる
  • 人間関係に疲れない
  • 昇格すれば居酒屋以上に稼げる
  • 友達との付き合いもしっかりできる
  • 謎のストレスがなくなる

ワークライフバランスが保てる

工場勤務では、残業がそこまでないためプライベートの時間もしっかり確保することができます。

基本的に、イレギュラーやトラブルがなければ決まった生産数をおこなうだけで良いので残業になることはそこまでありません。

繁忙期は当然残業もありますが、せいぜい1時間程度。

そのため、仕事が終わったあとのプライベートの確保も容易にできます。

居酒屋時代では出勤日は全て仕事に捧げるという形になってしまうことが多いので、仕事が終わったあとにも時間が確保できる工場勤務はそれだけでもメリットが大きいと言えますね。

人間関係に疲れない

工場勤務は、閉鎖的な空間で毎日同じ人と顔を合わせるというのが基本です。

そのため、毎日初対面のお客さんと沢山話をして人間関係に疲れてしまうということはありません。

閉鎖的な分、内部の人間とギクシャクするのではないかと思うかも知れませんが、馬の合わない人とは話さなくても良いのが工場勤務の良いところです。

自分の作業に没頭して一切喋らないという人がいても成り立つのが工場のため、話したい人と話したくない人を自分の気持ちで選別することができます。

昇格すれば居酒屋以上に稼げる

居酒屋は給料がわりと良くて、工場は給料が低い。そんな風に思っている人も多いでしょう。

確かに夜勤帯も働いて残業も多い居酒屋に比べると、工場勤務の給料はそこまで多くありません。

しかし、工場勤務はアグレッシブな人ややる気のある人はごく一部のため、あなたが一生懸命仕事をすれば昇格をすぐにできる可能性もあります。

筆者の場合は入社して4ヶ月で責任者となり、年収は200万ほど、居酒屋のときと比べても100万ほどは上げることができました。

やる気のアピールや仕事への貢献度ですぐに年収アップすることもできるのが工場の実情です。

友達との付き合いもしっかりできる

工場勤務なら基本的に土日休みのため、友達や家族との時間も作ることができます。

居酒屋時代は皆が楽しくお酒を飲んでる金曜や土曜は、有無を言わせず出勤だったでしょう。

みんな楽しそうにしているのになんで自分だけ、なんてことは筆者も考えたことがあります。

皆が楽しんでるときに働くという苦い思いから脱出するためにも、工場勤務はおすすめできますよ。

謎のストレスがなくなる

居酒屋勤務をしていると常に怒りやすくなったりイライラしやすくなったりすることが多いです。

睡眠時間のせいなのか、仕事柄なのかわからないですが、居酒屋に勤めてからイライラしやすくなったなんて経験あるんじゃないでしょうか。

工場勤務の場合は、ストレスがたまる場面が少なく、居酒屋のときのように謎のストレスに悩まされることもなくなりますよ。

食品工場の仕事内容に関してはこちらの記事で解説しています。

食品工場の正社員がきついのは嘘?【実際に8年働いてわかった】事実

スキルが必要ない

工場勤務は、スキルや経験がなければ入社できないというものではありません。

ほとんどの会社が未経験歓迎です。もちろん、フォークリフトができたり機械メンテナンスができたりする人のほうが仕事の幅は広がりますが、ライン作業であれば未経験でも十分雇ってもらうことができます。

面接でもちゃんと会話さえできれば、めったに落とされることはありません。

居酒屋しかやったことないから、スキルなんてないよって人でも安心して挑戦することができますよ。

居酒屋から転職をしたいなら転職エージェントがおすすめ!

居酒屋がもう嫌だから転職したいというのは答えとして出たけど、どうやって転職するのかわからない人や転職に不安のある人は転職エージェントを活用するのが一番おすすめです。

なぜなら、転職エージェントなら以下のことをサポートしてくれるから。

  • 職務経歴書・履歴書の添削
  • 自分に合った求人を探す
  • 年収交渉
  • 面接対策
  • 悩み相談や希望相談
  • 求人票からはわからない企業の内部事情

転職の仕方に不安がある人や、転職先の企業が実際どうなのか気になる人ほど転職エージェントの活用はおすすめ。

たとえば残業がどのくらいなのか、人間関係はどんな感じなのかなども細かく知ることができますよ。

転職サイトで自分1人で求人を探すよりも、遥かに効率よくさらに良いところが見つかりやすいため、まずは登録だけでもしてみてはどうでしょう。

登録だけなら少なくともデメリットやリスクは全くありません。

居酒屋から転職したいけど多くの職種を検討したい人はリクルートエージェントがおすすめ。

業界大手で求人数も20万件ほどあります。

今回記事を読んで工場に転職したいという人は工場ワークスがおすすめ。

転職エージェントではないですが、細かな情報が手に入る工場専門の転職サイトです。

年収600万以上の求人も多数ありますよ!

居酒屋経験者は他の仕事でも成功しやすい1つの理由

居酒屋経験者は他の会社でも成功する人が多いです。

なぜなら、ブラック企業への耐性がついており、根性もあれば体力もあるから。

実際居酒屋店長を辞めたあとに他の会社ですぐに責任者になった人を、筆者は何人も知っています。

専門的なスキルは確かに身についていないかもしれませんが、マネジメントであったり、ひたむきに仕事に取りかかったりできるというのは立派な能力だと言えます。

自分は居酒屋以外はできないなどとは思わず、今の仕事が嫌なのであれば新しいところにチャレンジすることをおすすめしますよ。

居酒屋は正攻法では辞めさせてくれないことが多い!そんな時は退職代行の検討も

居酒屋はなかなか辞めさせてくれません。

たとえば辞めたいって言っても断られるし、しょうがないからバックレようと思ってもどこまでも追ってきます。

社員数がそもそも足りていないから辞められると困るんですよね。

そんな時は、退職代行を使うことをおすすめします。

退職代行とは、お金を払って退職の手続きを全て自分の代わりにやってもらうサービスです。

  • 2週間で確実に辞めることができる
  • 手続きを全て済ませてくれる
  • 次の仕事への移行もスムーズにやってくれる

このような特徴があります。退職が万が一できない場合は全額返金と書いてありますが、退職できないことは100%ありません。

なぜなら、法律上退職を申し出たら2週間で辞めることができるからです。ただ、当事者の場合いざこざが生まれてしまったりするため、退職代行に頼むとスムーズに辞められるという感じですね。

予算は3万ほどできれいさっぱり辞めることができるため、3万くらいなら良いよって人はぜひ活用してみてください。

一番人気の退職代行はこちら!↓↓

まとめ:居酒屋から工場に転職したら人生変わる

居酒屋から工場に転職したら、あなたの生活は180度変わると言えます。

なぜなら、プライベートの時間もつくれるし仕事で今まで溜まっていたストレスも抱えなくて済むから。

筆者は謎のストレスも消え、ちゃんと笑顔で生活できるようになりました。

居酒屋時代は常にピリピリしており、顔色も悪かったようです。

しっかり遊ぶところは遊べて、働くところは働くという理想的な生活を手に入れたい人はぜひ転職活動を始めてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました