飲食店の正社員面接に落ちたけど諦めきれない人へ

仕事の悩み
この記事でわかること
  • 飲食店の正社員面接で落ちる原因
  • 飲食店の正社員面接で求められる人材
  • 受かりやすい飲食店の種類

飲食店の正社員面接に落ちてしまいました。でもなんとしても飲食店で働きたいです。どうしたら飲食店で働けますか?

飲食店は人手不足って聞くから簡単に就職できるなんて考えている人も多いのではないでしょうか。

飲食店は人手不足と言われながらも、ホテルやレストランは意外と落とされることか多いです。

経験や資格をみて判断することが多いため、未経験でただ調理をするのが好きというだけでは相手にもしてもらえないでしょう。

結論、落ちた理由は対策不足と選ぶ業界を間違えている。です。

この記事では、飲食店の正社員面接で落ちる原因と対策をお伝えします。

飲食業で働きたい、料理に携わりたいという人はぜひ参考にして下さい。

この記事の信ぴょう性

この記事を書いている筆者は、ホテル和食調理場で2年、居酒屋店長として3年働いてきました。そのため、調理業界のリアルな部分をお伝えできると思います。

飲食店の正社員面接で落ちる原因

さて、とはいっても居酒屋以外の選択肢もほしいんだという人のために、なぜ飲食店の正社員面接で落ちてしまうのかをご紹介します。

落ちる理由としては以下のようなことが考えられます。

  • 清潔感がない
  • 基本的なマナーがなっていない
  • 志望動機が曖昧
  • 経験が浅い
  • 逆質問ができていない

順番に解説します。

清潔感がない

飲食店で働く上で清潔感は大切です。

無精髭が生えていたり髪の毛がボサボサだったりしたら印象は最悪。

面接に行く前には身なりを整えることが大切です。

基本的なマナーがなっていない

調理場とはいえ、業態によってはお客さんの前に出ることも多いです。

そのため、言葉遣いや気遣いなどの基本的なマナーは飲食店で働く上で必須です。

相手を思いやれるような人間性が見られないと、落とされてしまう可能性も高まります。

志望動機が曖昧

あなたが飲食業をやりたいとしても、しっかりとした志望動機を伝えられないようでは意味がありません。

どんな調理をしたいのか、どのようなスキルを身につけたいのか、企業に入社した結果どのような天望があるのかまでを伝えられると面接官に好印象です。

経験が浅い

経験の浅い人をわざわざ社員として迎え入れるメリットを感じない飲食店も多いです。

社員がしっかりそろっているような現場だったら、未経験の人をわざわざ社員として出迎えるメリットはありませんよね。

未経験で社員になれるのは、企業が社員として迎え入れるメリットがある場合のみと思ったほうが良いです。

逆質問ができなかった

実は面接の最後の方にある、「なにか質問はありませんか。」という問いに対してなにかを発言することはとても重要です。

企業への認識具合もわかりますし、働いたことのないところに質問がないなんてやる気がないと思われてしまうこともあります。

質問をするとあまりよくないのではと思う人もいますが、逆質問はあなたの適正を見られているので必ずどんな質問をするのかを考えておきましょう。

飲食店の正社員面接で求められる人材

飲食店の正社員というのは、ある程度責任感が求められるものです。

また、調理だけやっていればいいということはありません。

飲食店の正社員として求められることは主に以下のようなものです。

  • マネジメントスキル
  • 接客もできる

マネジメントスキルがある、もしくはありそうな人

社員の人数にもよりますが、飲食店ではすぐにマネジメントをおこなわなければならない場合もあります。

なぜなら、社員がバイトの教育をするのは当たり前のことだから。

そのため、マネジメント経験のあった人や、あまり物怖じしないような人は飲食業では重宝されます。

調理だけではなく接客もできるようなマナーがある人

先ほどもお伝えしましたが、飲食店では調理だけではダメです。接客も多少はできなければ、社員としては務まりません。

コミュニケーション能力の高い人や接客経験のある人というのは、飲食店では貴重な存在です。

もしあなたが人と話すのが苦手なら、あまり飲食業には向いていないかもしれません。

最低限は話ができるような接客スキルは必要不可欠です。

飲食店の正社員面接で受かる秘訣

飲食店の正社員面接に受かりたいのなら、次の2つを押さえる必要があります。

  • 受かりやすい業界を選ぶ
  • 転職エージェントを利用する

飲食店の正社員面接に受かりたいけどあまり業界経験がないという人は、どの業態を選ぶのかというのがとても重要です。

人手不足でかつ、社員も足りていないようなところなら未経験でも充分に雇ってくれるでしょう。

ただしそれだけでは不十分。そこで役にたつのが転職エージェントです。

転職エージェントを利用すれば、面接対策や書類添削もおこなってくれるため、非常に内定が貰いやすくなりますよ。

ぶっちゃけ飲食業に就職したいなら転職エージェントを利用して、アドバイスをもらうことは必須です。

おすすめの転職エージェントは、最大手のリクルートエージェントを使っておけば間違いないです。

内定が貰いやすい飲食店2選

内定が貰いやすい飲食店を把握しておくことで、狙うべき業態がわかります。

受かりやすい業態は、ずばり次の2つです。

  • ファミレス
  • 居酒屋

上記の2つは、どちらも人手不足で更に社員も足りていません。

マニュアルもしっかりしているため、未経験でも挑戦可能。

かなり狙い目なので転職エージェントで探してみてください。

まとめ:飲食店の正社員にどうしてもなりたいなら居酒屋がおすすめ

飲食店の正社員面接に受かって、飲食業界にどうしてもいきたいなら居酒屋がおすすめです。

居酒屋のデメリットとして、ブラックで労働時間が長いというところがあります。

しかし、飲食はどこも労働時間が長いため、飲食に転職したいならどこでも同じようなものだと割りきることができます。

そこさえ割り切ってしまえば、あとは居酒屋なんてメリットばかりです。

  • 給料が高い
  • やりがいがある
  • 最初から色々な調理ができる

飲食初心者にも経験者にも、給料が高くやりがいがあることで楽しい社会人生活が送れますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました