居酒屋の社員を辞めたいけど辞めさせてくれない!解決する方法はたった1つ

仕事の悩み
この記事でわかること
  • 居酒屋の社員が簡単に辞められない理由
  • 居酒屋社員でも簡単に仕事を辞める方法
  • バックレた場合のデメリット
居酒屋<br>社員
居酒屋
社員

居酒屋社員として働いてるけどもう限界。でも辞めたいと伝えても全然辞めさせてくれない。

居酒屋の社員が仕事を辞めたいと上司に伝えても、全然辞めさせてもらえないのはあるあるです。

多くの人は泣き寝入りをして諦めてしまったりバックレてしまったりすることが多いです。

しかし、居酒屋社員でもバックレは避けたほうがよく、もっと簡単に辞める方法があります。それは、退職代行を利用すること。

そこでこの記事では、居酒屋社員が仕事を辞める方法として、なぜ退職代行がおすすめなのかをご紹介します。

この記事を読むことで、今居酒屋で辞めたいと悩んでいるあなたを解決に導くことができます。

居酒屋辞めたいけど言う勇気がでない人や、言ったけど辞めさせてもらえない人はぜひ参考にして下さい。

一番人気の退職代行はこちら!↓↓

居酒屋の社員が簡単に辞められない理由

居酒屋の社員が簡単に辞められない理由はブラックだということ以外にも様々あります。

しかし、そのどれもがブラックだからこそのもの。

具体的には以下のような理由があります。

  • 人手不足
  • 社員不足
  • エリアリーダーの評価

人手不足

飲食業全般に言えることですが、人手不足の問題は深刻です。

人が足りないことにより、シフトが全然組めないなんてことも度々ありますよね。

結局人数が足りない状態で店を回すしかないという店舗も少なくないです。

人手不足により、辞めたいと思ってもなかなか辞められないのが現状です。

社員不足

居酒屋って基本いつも社員が足りていません。

社員がいない店責不在店舗なんてのも数多くあります。

そんななか、さらに店舗責任者不在の店を作るわけにはいかないため、辞めたいと申し出ても全然辞めさせてもらえません。

エリアリーダーの評価

実は社員が辞めてしまうと、そのエリアのエリアリーダーの評価も下がります。

筆者の勤めていた企業の場合は、社員が辞めるとエリアリーダーが降格とか減給されてました。

エリアリーダーは、自分に被害がこないようにするためにも、辞めたいと思ってるあなたを必ず引き止めにきます。

居酒屋の社員は簡単に辞めさせてくれない!でも辞めたいならまずはその意思を伝えるべき

居酒屋の社員は人手不足やエリアリーダーの事情によりなかなか辞めることができません。

しかし、だからといって辞めたい気持ちを圧し殺して仕事を続けても良いことなんて1つもありません。

なぜなら、辞めたいと思ってる時点で充実していないし、居酒屋なんて何年続けても給料も上がらないから。

辞めたい場合は以下の点に注意して伝えましょう。

  • 現状本当に辞めたいという気持ちを伝える
  • 嘘でも良いから辞めなくてはいけない理由を伝える

現状本当に辞めたいという気持ちを伝える

自分がどのくらい本気で辞めたいのかを伝えるのは大切です。

なにがあっても辞めるんだという強い気持ちを伝えることで、相手が折れてくれる可能性もあります。

今の仕事が嫌で、他の業種で働きたいという気持ちを、相手になんと言われようと貫き通しましょう。

嘘でも良いから辞めなくてはいけない理由を伝える

辞める理由なんてそれっぽい嘘でも大丈夫です。

  • 昼間の仕事に就きたい
  • 親の介護をしないといけない
  • 引っ越すから続けられない

理由はなんでも良いので、これなら絶対に辞められるという言い訳を考えることも大切です。

しっかり辞めたい意思を伝えたけど辞められない!そんな時は退職代行を使うべき

辞めたいことは伝えた。辞めなくてはいけない理由を伝えた。それでも辞めさせてくれないところは当然多いです。

だって、居酒屋なんてブラックだから。

そんな時は退職代行を使ってみて下さい。

筆者は退職代行辞めるんです。を使って退職しましたが、なかなかにメリット満載でした。

退職代行辞めるんです。のメリット
  • 退職代行を使って2週間で辞めることができる
  • 退職代行に連絡してから出勤しなくても良い
  • 失業保険をすぐにもらえる
  • 退職の面倒な手続きや必要な書類の確保も退職代行がおこなってくれる

ぶっちゃけ辛すぎる毎日から一瞬で解放されました。

居酒屋を辞めたいと思っている人は、何度も辞めたい辞めたいと思って悩みぬいた上に出した結論のため、辞めたい気持ちが根強いことが多いです。

そんなあなたには、一刻も早く退職代行で楽になってもらうことがおすすめ。

まずは申し込みをして今の辛い毎日から解放されましょう。

また、退職代行は費用に3万円ほどかかりますが、すぐに失業保険を貰えるというメリットもあるため、実質タダみたいなものです。

自分で退職を伝える場合は、3ヶ月は失業保険がもらえないので。

バックれだけは絶対に避けるべき理由

バックれだけは絶対に辞めましょう。

バックれは手続きもなにもなく、すぐに辞めることができますがデメリットが満載です。

具体的には以下のような感じ。

  • 1ヶ月分の給料をもらえない覚悟はしておく
  • 失業保険に必要な被保険証を送ってもらえない可能性がある
  • 健康保険証、制服等を返却しないといけない

その上家族に連絡いったり、捜索されたりなどのリスクもあるため、絶対に辞めておいたほうが良いです。

まとめ:居酒屋を辞める一番簡単な方法は退職代行をつかうこと

居酒屋はブラックだから正攻法で辞めるのは難しいです。

合法で、かつリスクのない方法としては退職代行を使うこと。

退職代行の手続きさえ済ませてしまえば、あなたは今日から会社に行かなくても大丈夫です。

筆者は退職代行を使って居酒屋を辞めて、本当に良かったと思っています。

プライベートも仕事のせいで充実しなかった筆者が、今では工場勤務で年収も上がり、プライベートも充実しているのがなによりの証拠だと思います。

居酒屋から転職して人生が豊かになった実体験は以下の記事からどうぞ!

【実体験】居酒屋から転職するなら工場がおすすめ!人生がかわりましたリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました