飲食店正社員の上手な辞め方。普通に辞めると言っても【辞めさせてくれない】

仕事の悩み
この記事でわかること
  • 【悲報】飲食店の正社員は簡単に辞められない
  • 飲食店を辞めるなら退職代行が一番良い理由
  • 飲食店の正社員の上手な辞め方

飲食店で働いていますがもう辞めたいです。でも、辞めたいと言ってもなかなか辞めさせてもらえません。どうしたらスムーズに辞めることができますか。

残念なお知らせですが、飲食店を辞めるにはただ辞めたいとだけ伝えても簡単にはいきません。

それはあなたも重々承知のはず。辞めたい気持ちが膨らんで、腹をくくって伝えたけど適当にはぐらかされてしまった。

そんな経験あるんじゃないでしょうか。

結論、飲食店を今すぐ辞めたいのなら退職代行を使うしかありません。

退職代行を使えば、嫌な仕事に明日から行かなくて済む上に有給消化や失業手当の手続きまで全ておこなってくれますよ。

ただ、デメリットも1つだけあるので本記事を読んでみてから決めてみるのも1つの手です。

今すぐ退職代行を使う方はこちら!↓↓

飲食店正社員の辞め方は退職代行一択な理由

飲食店を退職したいなら退職代行一択です。

なぜなら飲食店を辞めるのは他の会社を辞めるのよりも大変だから。

飲食店が辞めにくい原因には以下のようなものがあります。

  • 人手不足
  • 店を任されていることによる責任

順番に解説します。

人手不足により引き止めがしつこい

飲食店はどこも慢性的な人手不足だというのは、もはや一般常識ではないでしょうか。

人手が足りないのに社員が簡単に辞めることができるはずがありません。

上司や上層部も、社員であるあなたに辞められたらかなりのダメージを受けてしまうため、全力で引き止めにきますよ。

ちなみに退職で引き止められることについてはこちらの記事が参考になります。↓↓

退職引き止めがしつこい場合の対処法!あまりにもしつこいなら退職代行を使おう

店長とかになってると店を任されてるから辞めにくい

店舗責任者とか店長になっていると、ある程度責任が乗ってしまっているため辞めにくいです。

  • 引き継ぎはできているか
  • この店は誰に任せるのか

会社のその後のことを考えたり言及されたりしては、なかなかに辞めにくいですよね。

無言の圧力により辞めると言うことを言い出せないことも多いでしょう。

飲食店の正社員の正しい辞め方

飲食店の正社員をしっかり辞めたいのであれば、どのようにして退職をするのかという段取りはとても重要です。

順序をしっかり守って、落ち度を作らないようにしないと辞めるというスタート地点に立つことも困難です。

飲食店の正社員が辞めるためには以下のようなことを守るのが大切になります。

  • 1ヶ月前には退職の旨を伝える
  • なるべく繁忙期は避ける代わりの人材を教育する

1ヶ月前には退職の旨を伝えるなるべく繁忙期は避ける代わりの人材を教育する

順番に解説します。

1ヶ月前には退職の旨を伝える

就業規則などでは、大体どの会社も1ヶ月前には退職の旨を伝えることが必須です。

上司から「言うのが遅いからダメ」なんて言われないように、早め早めに退職の思いを伝えるようにしましょう。

ただし、1ヶ月後に辞めたいと言ってもなにかしら言い訳をされて退職できないパターンも想定しておかなければいけません。

なるべく繁忙期は避ける

飲食店の業態にもよりますが、繁忙期は避けるのが無難です。

なぜなら繁忙期に辞めたいと伝えても、絶対に断られて相手にもしてもらえないから。

筆者も居酒屋で年末に辞めようかと思ったけど、「落ち着くまで待て」の一点張りをされて在籍期間が伸びてしまいました。

代わりの人材を教育する

辞めても大丈夫な状態を作っておくのは大切です。

これは辞めたあとの店の心配ではなく、あなたが辞めるために必要なことです。

なぜなら教育をしてあればたとえ上司から「お前の穴はどうするんだ」と言われても、「彼が代わりになります」と言い返すことができるから。

優秀な人材を作っておくことで、辞めても大丈夫な環境作りができますよ。

辞めると決める前に次の転職先は見つけておくべき

仕事を辞めようという決断をする前に、仕事を見つけようという決断はしなければなりません。

なぜなら、次の仕事を決めずに辞めてしまうとお金がどんどん減って辛い思いをするからです。

しかもお金が減ると、焦って適当なところに就職してしまう可能性もありますよね。

適当なところに就職してしまっては、折角今辞めたいと思っている飲食店を辞められても意味がありません。

あなたが手に入れたいものは、飲食店を辞めた未来ではなく、飲食店を辞めて理想の職場に転職した未来のはず。

あなたが本気で転職したいと思うなら、転職エージェントを比較検討して自分に合った媒体で転職しましょう。

ちなみに転職エージェントがおすすめな理由は、以下の通り。

  • ブラック企業を選ばなくて済む
  • 飲食店以外のやりたいものが見つかる
  • 転職エージェントがサポートしてくれるからスムーズに転職できる

転職エージェントを利用したことがない人は、とりあえず業界最大手のリクルートエージェントを利用しておけば間違いないですよ。

転職エージェントを比較したい方は下記記事からどうぞ!↓↓

おすすめの転職エージェント14選

飲食店の正社員でも法律上は2週間で辞めることができる!すぐに辞めたほうが良いパターンを紹介

すぐに辞めたほうが良いパターン
  • ブラック企業
  • 精神的にヤバい
  • なにを言っても辞めさせてくれない

当然転職先は決めてから今の仕事を辞めることがおすすめですが、そうも言ってられない状況のときもあるでしょう。

そんな時は、退職代行を使って明日から行かないようにして、金銭面は失業手当でどうにかすることがおすすめです。

あなたが自分で辞めることを伝えた場合、失業手当は2~3ヶ月後からしか貰えませんが、退職代行を使えばすぐに失業手当を貰えます。

すぐに失業手当が貰えるというのも退職代行の大きなメリットかなと。

ちなみに冒頭でお伝えした退職代行のデメリットは料金が3万円ほどかかるということ。ここさえ平気なら、無理せず今すぐ仕事を辞めることをおすすめします。

残業が多すぎたりブラックだったりした場合

明らかなブラック企業だと感じるのなら、すぐに辞めたほうがあなたのためです。

なぜならブラック企業で働き続けていると精神が病んでしまうから。

経験としてブラック企業ってどんなものなんだろうと感じることは、今後の参考にもなりますが、ブラック企業にいつまでもいると精神的におかしくなります。

うつ病などになる前に早めに退職しましょう。

ちなみに飲食店がブラックな理由についてはこちらで解説しています!↓↓

【実体験】飲食業(居酒屋)がブラックすぎる理由はブラックに染まっているから

精神的に追い詰められている場合

  • 夜眠れない
  • 涙がとまらない
  • なぜかブルーな気持ちが続く

上記はまさに精神的に追い詰められている状態です。

精神的に追い詰められている状態で仕事を続けていると、結局転職どころではなくなって最悪の場合働けなくなってしまうことも。

飲食店で働いていて精神が病んでしまい生活保護で暮らしているという人も筆者は見たことがありますが、そんな人は1人でも減ってほしいものです。

働けなくなってしまう前に精神的に追い詰められていると少しでも感じているのなら、すぐに辞めてしまうのがおすすめです。

なにを言っても辞めさせてくれない場合

なにを言っても辞めさせてくれないのは飲食店のあるあるです。

泣き寝入りしていては一生辞めることができません。

一生辞められないということは、あなたは一生今の嫌な気持ちで続けなければならないということ。

そんなの嫌ですよね。だったら今すぐ辞めるべきです。

  • 嫌な職場とおさらばしたい
  • 有意義な毎日を送りたい
  • 仕事のことで悩むのはもう嫌だ
  • パワハラ上司に二度と会いたくない

こんな悩みを持っているのであれば、今すぐ退職代行で仕事を辞めて楽になりましょう。

退職代行辞めるんです。のメリット
  • 退職代行を使って2週間で辞めることができる
  • 退職代行に連絡してから出勤しなくても良い
  • 失業保険をすぐにもらえる
  • 退職の面倒な手続きや必要な書類の確保も退職代行がおこなってくれる

まとめ:飲食店の正社員は正攻法で辞めさせてくれないから退職代行をつかうべき

残念ながら飲食店を辞めるのは簡単ではありません。

楽しい期間は良いですが、辞めたくなっても抜け出せないというのはツラいですよね。

でも大丈夫です。昔と違って今は退職代行というサービスがあり、退職代行を使うことで明日からあなたは嫌な仕事から解放されます。

どうしても辞めたいと思っている人は、一度検討してみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました