【居酒屋社員3年経験の筆者が解説】居酒屋はしんどいけどやりがい有り!

Uncategorized
  • はじめに

今転職に関して悩んでいる20代・30代のあなたには、無料転職アプリVIEWがおすすめです。

転職エージェントだと、電話やメールが面倒ということもありますよね。

まだ転職を100%決めたわけではないのに、毎日のようにメールや電話がくるのは鬱陶しいですよね。

VIEWなら、アプリなので電話やメールがくることはありません。

登録と同時に3分ほどでできる天職診断をおこなうことができ、スカウト機能もあるという充実ぶり!

もしもいらないなと思ったらアンインストールするだけで済むため、とりあえず登録して天職診断だけでもおこなわないと損ですよ。

無料アプリVIEWで天職診断をする方はこちら!

ちなみに2022年~2024年卒業の人はキャリアチケットスカウトもおすすめ!

こちらは新卒限定の無料アプリですよ。

新卒向けのコンテンツも満載のため、第二新卒くらいまでだったら見るだけでもあなたの今後のプラスになります。

無料アプリキャリアチケットスカウトをDLする方はこちら!

この記事でわかること
  • 居酒屋社員のしんどいポイント
  • 居酒屋社員がなるべくしんどくならないための施策
  • 居酒屋社員として働くやりがい

居酒屋の社員になろうか悩んでいます。でもしんどい・辛いって話も聞くし自分にできるか不安。一体どんなところがたいへんなんでしょうか?

結論から申し上げると、居酒屋社員のしんどいポイントは労働時間と労働量です。

比較的、全業界のなかで比べてみても居酒屋社員の労働時間は長く、時間当たりの忙しさもそれなりにあります。

そこでこの記事では、実際に3年間居酒屋の店長として働いてきた筆者がどんなところがしんどいのかをご紹介。

この記事を読むと、あなたが居酒屋に転職すべきかどうかがわかります。

居酒屋への転職を悩んでいる人はぜひ参考にして下さい。

居酒屋の社員はしんどい?しんどいポイント5選

居酒屋のしんどいところ
  • 残業が多い
  • 売上に対する上司からの圧力が強い
  • 原価計算がシビア
  • シフトを作るのが大変
  • クレーム対応がしんどい

残業が多い

居酒屋社員の残業時間は、おおよそ2~4時間は毎日あると思ったほうが良いです。

基本社員は仕込みから入社し、閉店までいます。途中からきたり途中で帰ったりすることはほぼありません。

そのため、店舗の営業時間にもよりますが15時から朝の3時までなどを毎日こなさないといけないということもあり得ます。

売上に対する上司からの圧力が強い

エリアリーダーなどの上司はとにかく結果に固執します。

あなたの評価ももちろんですが、上司の評価も各店舗が売上を上げることで認められます。

そのため、前年比に対していくら売れているのか、売れていないならどんな手を使ってでも売り上げろという圧力をかけてきますよ。

原価計算がシビア

いくら売上がとれていても、余計な人件費を使っていたり食材を無駄にしてしまったりしていては利益はでません。

筆者の勤めていた企業では、月の真ん中と月末に原価計算をおこない報告を上げていました。

原価率が想定よりも高いと、利益が予想以上に出ないため上司から怒られることもあります。

シフトを作るのが大変

居酒屋のシフトはバイト次第で天国にも地獄にもなります。

人数が多く協力をしてくれるバイトがある程度いれば、スムーズなシフト作成ができますよね。

しかし、そもそもバイトの人数が少なかったり忙しい金土曜に出てくれる人が少ないと、足りない人数で営業せざるを得ません。

足りない人数で営業すると、円滑に店が回らずクレームがきたり機会損失をしたりする可能性が高まります。

クレーム対応がしんどい

酔っぱらいのクレームはかなりたちが悪いです。

意味のわからない文句を言われることもありますし、理不尽なクレームなんて定期的に起こると思っておいたほうが良いです。

あまり気にせず割りきったクレーム対応ができないと、居酒屋社員はしんどくなってしまいます。

居酒屋社員がしんどいときの対処法

居酒屋社員しんどいときの対処法
  • バイトを徹底的に教育する
  • 常連を作る

居酒屋でしんどくならないためには、とにかく良い店作りをすることが大切です。

そのためには、まずは内部から作り上げていくことが大切です。

バイトを徹底的に教育する

バイトの教育をしっかりしておくだけで、社員はかなり楽になります。

  1. 作業スピード
  2. 丁寧さ
  3. 接客態度
  4. シフトへの協力

以上4点に絞って教育するだけで、社員は居るだけでいい存在になりますよ。

常連を作る

常連を作ることは、いい店舗作りには欠かせません。

常連が増えるだけで以下のようなメリットがあります。

  • 売上が安定する
  • クレームが減る

常連を作って安定した店舗運営をすることにより、無駄な仕事が増えることはほぼなくなります。

居酒屋社員はしんどいけどやりがいがある

居酒屋はしんどいけど、続けられる人というのは楽しさややりがいをわかっているからです。

売上をしっかり出したり、常連を作ったり、おいしい料理を作ったりなどというのは、達成感ややりがいが大きいものです。

大変だけどやりがいがあるから辞められないという人も、大勢いました。

もし居酒屋に転職するのであれば、短期間やってきついとかしんどいと感じるだけではなく、ある程度長く続けてみてやりがいを見つけてみることが居酒屋社員として続けられるポイントです。

実際に経験した筆者としては、しんどいけどやりがいがある、というのが答えです。

まとめ:居酒屋社員はやる気のある人でなければ厳しい

居酒屋社員はただなんとなくで転職して、続けられるような仕事ではありません。

  • 仕事で成果を出したい
  • やりがいのある仕事をしたい
  • とにかく接客や調理が好き

このような人でなければ続けていくのは困難です。

もしもあなたがそこまで当てはまらないのであれば、他の仕事がおすすめですよ。

もっと楽になおかつ稼げる仕事はいくらでもあるので。

どちらにしても、様々な仕事を比較したいという人は、リクルートエージェントにまずは登録してみて求人を見てみることがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました