転職活動に疲れた20代が試すべき3つのこと!

第二新卒
  • はじめに

今転職に関して悩んでいる20代・30代のあなたには、無料転職アプリVIEWがおすすめです。

転職エージェントだと、電話やメールが面倒ということもありますよね。

まだ転職を100%決めたわけではないのに、毎日のようにメールや電話がくるのは鬱陶しいですよね。

VIEWなら、アプリなので電話やメールがくることはありません。

登録と同時に3分ほどでできる天職診断をおこなうことができ、スカウト機能もあるという充実ぶり!

もしもいらないなと思ったらアンインストールするだけで済むため、とりあえず登録して天職診断だけでもおこなわないと損ですよ。

無料アプリVIEWで天職診断をする方はこちら!

ちなみに2022年~2024年卒業の人はキャリアチケットスカウトもおすすめ!

こちらは新卒限定の無料アプリですよ。

新卒向けのコンテンツも満載のため、第二新卒くらいまでだったら見るだけでもあなたの今後のプラスになります。

無料アプリキャリアチケットスカウトをDLする方はこちら!

この記事でわかること
  • 転職活動に疲れた人が試すべきこと
  • 転職活動で疲れる理由
  • 正しい転職エージェントの見つけ方

20代の人で、現在転職活動していて、内定がなかなか貰えず疲れたなんて人は多いのではないでしょうか。

転職活動なんてそんなに経験するものでもないし、なにが正解でなにが不正解なのかわからないですよね。

転職で疲れたくない・スムーズに転職したいという人は、自分に合った転職エージェントを活用することが一番の近道です。

そこでこの記事では、転職活動に疲れてしまった20代に、これ以上疲れないために試してほしいことを3つご紹介します。

この記事を読むことで、やり方はそんなに変えずにスムーズに転職できるようになるでしょう。

どこでも良いわけじゃないけど、気に入ったところでどうにか内定が貰いたいという20代の人は、ぜひ参考にして下さい。

転職活動は基本疲れる

転職活動は基本的に疲れます。なぜなら、普段しないようなことを沢山おこなわなければならないからです。

順番に解説していきますが、具体的には以下のようなことをおこなわなければなりません。

  • 職務経歴書
  • 面接対策
  • 転職成功へのビジョン設計

職務経歴書がめんどくさい

職務経歴書の書き方が良くわからないという人は多いのではないでしょうか。

しかし、職務経歴書がしっかり書けていないと内定率というのはかなり下がってしまいます。

なぜなら、あなたの前職での仕事ぶりや強み、企業にもたらすメリットが職務経歴書には記載されているから。

書き方のポイントとしては、どんな些細なものでも構いませんから、あなたが仕事で経験した成功体験や実績・強みを書くことが大切です。

特に意識すべきなのは、上記のような内容がこれから内定を貰おうと思っている企業でしっかり活かせるのかどうかを一緒に記載すること。

たとえば、忍耐強いから御社の細かな作業に貢献できる、コミュニケーションが得意だから営業として活躍できるなどです。

特に、転職経験のない人からすると職務経歴書はかなりわかりにくいものですが、あなたを雇ったことによるメリットが伝わるというのがとても重要です。

面接対策がわからない

面接で大切なのは、企業であなたが働いてるイメージをいかに持たせるかということと、内定への意欲を伝えることです。

とはいっても、面接で聞かれる内容ってもの凄く多いです。

  • 退職理由
  • 弊社を希望した理由
  • 他に申し込んでいる企業はあるか
  • 入社したらなにをしたいか
  • 自己PR
  • 逆質問

最低限どの企業もこのくらいのことは聞いてきます。これらの質問のどこでつまづいてもマイナス評価を貰いかねません。

企業研究や業界研究、質問に対する答えをしっかり準備しておかないといくらあなたの強みをアピールしても勉強不足として落とされてしまうことも。

面接対策では、意欲などの他に事前の情報収集や準備が必要です。

転職が成功するビジョンが沸かない

あなたがどのように転職を成功させるのかというイメージを持つことは大切です。

イメージをしっかり持つことで、どんな行動をとれば良いのかが明確になりやすいですよね。

失敗するイメージや、なんとなく転職活動をするイメージではなかなかあなたの本気度も伝わりにくく内定が貰えません。

大切なのは、どの媒体をつかって、どのような企業に、どのような理由で入社するのかというイメージを明確にすることです。

ここまででそもそも書類選考とか面接対策とか難しいものばかりじゃんと思った人もいるでしょう。

そんな難しいを解決するために転職エージェントが存在します。もう既に使っている人もいるかもしれませんが、使ってない人はぜひ利用することをおすすめします。

なぜなら、転職エージェントでは丁寧なサポートをおこなってくれて、面接対策や職務経歴書の添削はもちろんのこと、年収交渉や入社の手続きまでなんでもおこなってくれるからです。

書類の作り方や面接での受け答えに自信のない人はdodaを利用してみることがおすすめ。

大手という安心感はもちろんありますし、20代へのサポートが得意なため、丁寧に書類や面接について教えてくれますよ。

20代が転職活動に疲れてしまう理由

転職活動に疲れてしまう理由はいくつもありますが、20代ならではのものもいくつかあります。

それは以下のようなことです。

  • やり方がわからずはりきりすぎる
  • 不採用を重く考える
  • 転職に対する期待が大きすぎる

やり方がわからないからはりきりすぎる

転職活動でなにをしたら良いのかがわからないからこそ、あれもこれもとはりきりすぎてしまう20代は多いです。

やるべき必要のあるものがなんなのかわからないと、無駄なことまで手を出してしまいますよね。

肩の力を入れすぎずに、必要なことだけを転職エージェントや転職成功者から聞いて実施することがおすすめです。

不採用を重く考えすぎる

たった1社落ちただけでも、物凄く落ち込んでしまう人はいますがそれは間違いです。

大手転職エージェントのリクルートエージェントの調べでは、転職活動で書類を送った会社の平均数は19.3社となっています。

つまり、そのくらい書類選考や面接で合格を貰えて無事入社するというのは難しいということ。

かなり微妙な企業やブラック企業でしたら、簡単に内定を貰えることもありますが、優良企業に入社するというのは簡単にはいかないということを覚えておきましょう。

1つ落ちても、たまたま縁がなかったくらいの気持ちで次に臨むことがおすすめですよ。

転職に対する期待が大きすぎる

20代は30代や40代に比べると転職難易度が低いと言われています。

そのため、年齢を考えたら未経験のところでも簡単に受かると思っている人が多いのではないでしょうか。

しかし、実際には20代であっても企業とマッチしていなければなかなか内定を貰うことはできません。

未経験歓迎でも人間性が企業にマッチしているかを見ていたり、経験をとにかく重視したりする企業もあります。

あまり20代だからといって大きな期待はせずに、一生懸命転職活動をするようにしましょう。

転職活動がうまくいかなくても自分を責めてはいけない

転職活動をおこなっていて一番よくないパターンというのが、思うようにうまくいかずに自分を責め始めることです。

  • なんで自分は
  • どうせ自分なんか
  • もっとうまくできたはずなのに

もう落ちてしまったものはどうしようもないですし、フィーリングで受からないことだってざらにあります。

筆者は何百人と面接をしてきましたが、やはり自社に合っていないという理由で、スキルややる気は申し分なくても内定を見送ることはありました。

そのため、たまたま運が悪かった程度に考えて、次の企業にすぐに気持ちを切り替えて自分を責めないことが重要です。

そうでないと、余計に疲れてやる気もなくなってしまいますよ。

転職活動に疲れた20代におこなってほしいこと3選

ここでは、本記事のメインである転職活動に疲れた20代にぜひおこなってほしいこと3選をご紹介します。

おこなってほしいことは以下の通りです。

  • 転職エージェントの活用
  • 派遣になる
  • 転職活動を数日休んでみる

転職エージェントの活用

転職エージェントを活用すると、スムーズに転職活動をおこなうことができます。

あなたの適正も見つけてくれますし、うまくいっていない状況を説明することで解決策を提示してくれるからです。

たとえば筆者が転職エージェントを利用したときは、職務経歴書での企業ごとに合った強みのアピール方法を教えてもらえました。

転職活動は1人でおこなうと難しいところも沢山ありますが、転職エージェントを活用することで解決できることは沢山あります。

おすすめの転職エージェントをまとめた記事はこちら!↓↓

派遣になる

今の仕事は辞めたいけどなかなか良いところが見つからない・内定が貰えないという人は、一度派遣になってしまうこともおすすめです。

派遣ならそれなりの時給を貰えるため収入にも困りませんし、しっかりとした時間管理や休みも確保できるため転職活動をしながらの人に向いています。

特に派遣のなかでもおすすめできるのは、工場系の派遣です。特別なスキルも必要なく、残業もほとんどないのでしっかり転職活動に時間を割きたい人にはおすすめですよ。

転職活動を数日休んでみる

転職活動に疲れてしまったのなら、数日間休息を入れてみましょう。

ただし、あまり長い期間空けるとどうでも良くなってしまう危険性もあるため注意が必要です。

数日間休息を入れることで、どんよりとした気持ちが解消されて、またリフレッシュした気持ちで転職活動をおこなえる場合もあります。

休息を数日だけ入れて、気持ちを切り替えるというのも大切な転職活動の一部です。

転職を成功させるには自分に合った転職エージェントを見つけるのが一番

転職をスムーズに、なおかつ良いところに就職したいのであれば、自分に合った転職エージェントの活用は必須です。

自分に合った転職エージェントを活用しないと、いくつ転職エージェントを利用していてもうまくいきません。

具体的には以下のポイントを抑えましょう。

  • 年齢層
  • 業種・職種
  • キャリアアドバイザーの質

あなたがどんなサポートを求めているのか、あなたの年齢や求めている仕事に合っているのかという部分に気をつけてエージェントを選ばないといけません。

20代におすすめできる転職エージェントは、第二新卒におすすめの転職エージェント14選でも解説していますので、参考にして下さい。

まとめ:転職活動はだるいけど諦めてはいけない

転職活動は、疲れることもだるいと感じることも、さらにやめてしまいたいと思うこともあるでしょう。

しかし、転職したいから転職活動をしているので、途中で諦めてしまうことはとてもリスキーです。

なぜなら、転職活動を諦めてしまったら今あなたが抱えている不満はずっと残り続けるから。

転職をうまく成功させるためにも、諦めずに正しい判断をして行動することが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました